V.Iゲート、賭博に広がるか…遠征賭博疑惑

승리,서울지방경찰청
写真=
10asia

V.Iゲートが性接待の斡旋、違法動画の共有、警察との癒着などの問題から遠征賭博にまで拡大する可能性が14日、提起された。 

同日、あるメディアは、BIGBANGV.ISNS対話内容を原文で公開し、V.Iが米ロサンゼルス·ラスベガスのカジノで2000万円を獲得し、札束まで認証したと報じた。

この対話によると、V.Iはハン代表に「代表も大成功するだろう」と話し、「僕はよく来るので、セーブバンクに入れてきました」(原文)と自ら常習的なギャンブルを明らかにした。また「得たお金はもっぱらラスベガスの中でのみ使うのが私の決めたルール」と話し、「アーリアに飽きたらコスモポリタンに移ってください。私の担当ホストをご紹介させて頂きます」と特有の事業手腕を発揮した。 

警察によると、セーブバンクとは、現地カジノが運営する一種の取引所だ。海外遠征賭博家たちが賭博資金を運営する方式であり、国内為替管理法違反である。

V.Iは同日午後、ソウル地方警察庁広域捜査隊に出席して調査に臨んでいる。

元記事配信日時 : 20190314 1831 記者 :キム・スギョン、翻訳 : 浅野わかな