「夫の問題」と言っていたパク・ハンビョル、”警察総長”と夫婦でゴルフに…ドラマ降板要求の声が続々と

박한별,슬플때사랑한다

写真=10asiaDB

パク·ハンビョルが夫でユリホールディングス代表とともに”警察総長”として知られるユン某総警とゴルフをしたというニュースが伝えられ、これまで”夫の問題”と線を引いてきたパク·ハンビョルに対するネットユーザーの態度が急変した。出産後初の復帰作であるMBCドラマ「悲しい時愛する」からの降板を求める声が高まっているのだ。

警察関係者は、18日、ソウル地方警察庁で開かれた記者懇談会で「ユン総警など3人を公務上秘密漏洩の疑いで立件した」と発表し、ユン総警がユ・インソクユリホールディングス代表はもちろん、妻のパク・ハンビョルとも一緒にゴルフをしたと伝えた。

同日、SBS「8時のニュース」によると、FTISLAND出身の歌手チェ・ジョンフンは16日、警察調査でこれを認めた。チェ·ジョンフンはユン総警はもちろん、ユ·インソク&パク·ハンビョル夫妻とゴルフをし、マレーシアK-POP公演でユン総警側に公演チケットを手に入れてあげたことがあると話したという。

このような事実が知られると、視聴者たちはパク・ハンビョルのドラマ降板を要求している。19日午前現在、「悲しい時愛する」の視聴者意見欄には「女性主人公チェンジ」「パク・ハンビョル降板」「パク・ハンビョル芸能界追放」「嘘をつくな」「パク・ハンビョルさん本当にひどいですね」などのタイトルで書き込みが掲載されている。パク·ハンビョルに関する記事のコメントにも「ゴルフをしておいて知らないというのは話にならない」「視聴者たちに嘘をついたのだ」「夫なのに分からないことはない」などといった批判意見とともに番組降板要求が殺到している。

パク·ハンビョルの所属事務所はこれに先立ち「本人ではなく夫の問題」とし「何が何でも残りの部分をよく終える計画だ」という立場を明らかにした。 「悲しい時愛する」は2017年にユ・インソク代表と結婚したパク・ハンビョルが、出産後2年ぶりにお茶の間に復帰した作品だ。ドラマの初回放送とほぼ同じ時期に夫であるユ代表をめぐる論争が起こったが、パク·ハンビョルは揺れることなく撮影をしてきた。「悲しい時愛する」は半分以上撮影を終えているという。

元記事配信日時 : 2019年03月19日 09時37分 記者 :ノ・ギュミン、翻訳 : 浅野わかな