[TEN 焦点]固く閉ざしたイ・ミスクの口…沈黙だけが能なのか

写真=10asiaDB

来る7月に放送予定のSBSドラマ「シークレットブティック」が電波に乗る前にも関わらず議論を呼んでいる。最近、チャン·ジャヨンの文書に関係しているという疑惑が起きているイ·ミスクが出演を検討するという報道が出た後だ。 

日刊スポーツは20日「女優イ・ミスクがSBS新ドラマ『シークレットブティック』に出演する」と報道した。ドラマの中では欲望の化身であるデオ財団会長のキム·ヨオクを演じることが知られている。イ·ミスクの所属事務所Sidus HQも「イ·ミスクは『シークレットブティック』の出演を提案され、前向きに検討中だ」と伝えた。 

イ・ミスクが「シークレットブティック」に出演すれば、昨年7月に放送されたSBSドラマ「彼女はと言えば」以降1年ぶりに復帰することになる。しかし、イ·ミスクの復帰のニュースにネットユーザーの反応は冷ややかだ。現在、イ·ミスクが故チャン·ジャヨン文書と関連があるという論議に包まれているからだ。後輩の死に対して口を固く閉ざしている彼女のドラマ復帰に、期待よりは失望だという非難が殺到している。さらに「立場を表明せよ」という国民請願まで上がっている状態だ。議論は一つの記事から始まった。 

18日、芸能メディアのディスパッチは「イ・ミスクが、知りません?…チャン·ジャヨン、最後のCCTV分析」という報道で、女優のイ·ミスク氏とチャン·ジャヨンさんの関係を指摘した。故チャン·ジャヨンさんの捜査中に行なわれた参考人調査当時に出席したイ·ミスク氏は「(チャン·ジャヨンさんのことを)以前には知らなかったし、今回の事件を通じて名前だけ聞いた」と話した。また、チャン·ジャヨンの文書についても「知らない」と否認した。

しかし、ディスパッチの報道を通じて、イ·ミスクがチャン·ジャヨンと知り合いだったという疑惑が提起された。また、チャンさんが残した文書にも、イ·ミスク氏が介入したという情況が、CCTV画面資料や供述などを通じて明らかになった。議論が起こって3日が過ぎたものの、イ・ミスクと所属事務所は事実関係についていかなる立場も示していない時間が経ち、世論が静まるのを待っている様子だ。

このような態度に後輩たちの失望感も深まった。チャン・ジャヨン事件の真実究明に乗り出している女優ユン・ジオ氏は18日、「告発ニュース」に出演した後、イ・ミスクとソン・ソンミに向けて「私が最後に良い先輩として記憶したい。知っている真実だけでも話してほしい」と訴えた。また「先輩として後輩を知らないというのは自慢ではないと思う。(同じ所属事務所だったにも関わらず)知らなかったというのは礼儀ではないと思う」という考えを明らかにした。

 

イ・ミスクは1978年「第3回ミスロッテ選抜大会」でデビューし、今年で42年目を迎えた大御所だ。多くの作品に出演して大衆から愛され、後輩たちの尊敬も一身に受けている。そんな彼女が悲劇的に世を去った故チャン·ジャヨン氏を「知らない」と言うのが能だろうか。

法務部検察の過去事委員会は、チャン・ジャヨン、キム・ハクウィ事件の再調査期間を2ヵ月延長することにした。真実を明らかにする時間があまり残っていない。すでに10年近く経った事件であることから小さな供述も真実を明らかにする重要な鍵となることがある。知っていることがあるなら正直に話し、積極的な姿勢で事実を糾明するために乗り出すことが何よりも必要な時だ。

今のイ・ミスクは真実には目を向けず、人気と地位に執着しているという批判に直面している。人生最大の分かれ道である。どんな決断を下すかによって、人生が変わる重大な岐路に立たされた。こうなればなるほど、イ・ミスクは先輩の役割について悩まなければならない。悔しく世を去った仲間であり、後輩の死を慰める道が何なのか、本当に堂々とした行動は何なのか、問いただす時ではないだろうか。

元記事配信日時 : 20190320 1734 記者 :キム・ミョンサン、翻訳 : 浅野わかな