国税庁の財務調査から代表再選任まで…YG ヤン・ミンソク代表に向けた関心が集中

写真=10asia

ヤン·ミンソク氏に対する関心が熱い。同氏は、YG ENTERTAINMENTの代表取締役であり、YG代表プロデューサーのヤン·ヒョンソクの実弟だ。 

ヤンミンソク代表は22日、ソウル合井洞(ハプジョンドン)のホルト児童福祉会大講堂で開かれたYG ENTERTAINMENTの第21期の定期株主総会に出席した。同日の案件で挙げられた、ヤン·ミンソク代表の再選が決まった。

YG ENTERTAINMENTは最近、国税庁の特別税務調査を受けた。これに対し、ヤン·ミンソク代表は株主総会に先立ち、取材陣に対し「本事案を非常に厳重に受け止めている。関係機関で進められる調査に誠実に取り組む」と述べた。また「調査している事案なので追加的な話をするのが難しい」と慎重な態度を示した。 

またYG ENTERTAINMENT属だった歌手BIGBANG V.Iの買春斡旋容疑と麻薬投薬疑惑などについては「社会的責任に対して厳重に考える」と慎重な姿勢を見せた。ヤン·ヒョンソク代表プロデューサーが実際のオーナーと知られているソウル西橋洞(ソギョドン)クラブ「ラブシグナル」が個別消費税を脱税したという疑惑については、「申し訳ない」という返事だけをした。

元記事配信日時 : 20190322 1442 記者 :キム・ハジン、翻訳 : 浅野わかな、写真:チョ・ジュンウォン