カン・ダニエル、「自分の同意なしに契約権利を譲渡」vs LMエンターテインメント「虚偽事実での契約解除通知」

워너원,강다니엘,골든디스크
写真=10asiaDB

Wanna One出身のカン·ダニエルと所属事務所のLMエンターテインメントの法的争いが避けられない見通しだ。

カン・ダニエル所属事務所LMエンターテイメントの法律代理人である法務法人チピョンは26日、カン・ダニエルに関連した立場を発表した。チピョンは「カン・ダニエルと所属事務所の専属契約は公正取引委員会が提供する標準専属契約書をそのまま使った正常な契約」だとし、「カン・ダニエル側は専属契約期間が開始される前にソル某氏を代理人にした通知書を通じて漠然と契約が不合理だとし、いかなる具体的な要求もなしに契約変更を要求した」と主張した。

さらに、「仲裁者を自任したウォン会長と4回の交渉ミーティングをしたが、結局、複数の弁護士を通じて『契約金を受け取っていない』などの虚偽の事実を盛り込んだ解除通知を送ってきた」と明らかにした。

チピョンは「カン・ダニエル側が今回の仮処分を提起し、『LMエンターテイメントが無断で第3者に権利を譲渡した』と主張しているが、当該契約はカン・ダニエルの芸能活動を最高の環境で支援するため、既存の所属事務所だった株式会社MMOエンターテイメントから実質的に投資を受ける契約であるだけで、LMエンターテイメントは誰にも専属契約上の権利を譲渡したことはない」と強調した。 続いて「アルバム企画、ファンミーティングやコンサートなどの公演契約、MD事業、各種渉外業務などのマネジメント権利をそのまま保有し、誰の関与も受けずに独自に行使している」と説明した。

LMエンターテイメントは、カン・ダニエルとの誤解を解き、妥協点を引き出そうと努力したが、カン・ダニエルは、「代理人を数回変えて、立場を覆し、無条件に専属契約を解約する」と仮処分申請を出したという。LMエンターテイメントは「法的紛争が起こる状況」だとしながらも「円満に合意し、カン・ダニエルが早急に芸能活動ができるように努力する」と述べた。

これに対して、カン・ダニエルの法律代理人を務める法務法人ユルチョンは同日午後、LMエンターテインメントの立場を反駁した。 ユルチョンは、「裁判所に提起した専属契約効力停止仮処分申請の核心は、LMエンターテインメントがカン・ダニエルの同意なしに専属契約上のさまざまな権利を第3者に有償で譲渡したかどうか」だと強調した。 続いて「カン・ダニエルは関連契約内容と締結を事前に聞いておらず、同意した事実もない」と話し、「カン・ダニエルがこの部分に対する是正を要請したが、肯定的な回答が得られず法の判断を求めるようになった」と述べた。

これに先立って、カン・ダニエルは先月、LMエンターテインメントに内容証明を送り、「契約上の修正と協議を行わなければ、契約が解約されたものとみなす」と通知した。 カン・ダニエルは法律代理人を通じて専属契約効力停止仮処分申請を出している。

しかし、カン・ダニエルが今年初め、LMエンターテインメントに内容証明を送る前から、会社が提供した宿舎からすべて荷物をとり、宿所を移しており、契約紛争中の最近の連絡先まで変えて、所属事務所との直接連絡を避けているという報道が出たことで、カン・ダニエルとLMエンターテインメントの葛藤の溝が予想より深いことをうかがわせた。

元記事配信日時 : 2019年03月26日 13時53分 記者 :ウ・ビン、翻訳 : 浅野わかな