エディ・キム側、「『グループチャットルーム』のメンバー事実、オンラインに出回っていた写真を掲載…深く反省」

에디킴 음감회

写真=10asiaDB

歌手エディキムが同僚歌手のチョン·ジュンヨンなどと一緒に参加したメッセンジャー(カカオトーク)グループチャットルームにわいせつ写真を載せたことが確認された中、所属事務所のMISTIC STORYが「オンラインに出回っている扇情的な写真を掲載し、警察の調査を受けた」と明らかにした。 

エディ・キムは331日、警察に出席して約2時間ほど取調べを受けた。

MISTIC STORY4日、公式立場を示し、「エディ・キムが『グループチャットルーム』に属していたのは事実だが、盗撮カメラなどの不法映像物を撮影したり、流布したことがないことが確認された。ただ、オンラインに流れる扇情的な写真1枚を掲載した事実が確認され、取り調べを受けた」と説明した。

続いて「エディ・キムは事案の深刻さを厳重に認識し、深く反省している。ご心配をおかけしたことを心よりお詫び致します」と付け加えた。 

警察はエディ・キムのほかにも、歌手のロイ・キムを同容疑で立件し、捜査している。現在、米国にいるロイ・キム氏は、近日帰国し、警察の取調べを受けることを明らかにした。

警察によると、V.Iとチョン・ジュンヨン、チェ・ジョンフンらが不法撮影した動画や写真を共有するのに使用されたカカオトークのグループチャットルームは計23ヵ所であり、参加メンバーは16人だ。このうち立件者は8人だと知らされている。