防弾少年団、7日にアジアツアー終了…総勢25万人の観客を魅了

写真=Big Hitエンターテインメント

防弾少年団が7日、タイ公演を最後にアジアツア「LOVE YOURSELF」を終了した。

防弾少年団は、先週6日、タイ・バンコクのラジャマンガラ国立競技場で「LOVE YOURSELF」ツアーを繰り広げた。

ファンの熱い歓声の中で「IDOL」でスタートを切った防弾少年団は「DNA」「MICDrop」リミックスバージョンなど華やかな群舞が輝くステージと「The truth untold」「Tear」などのユニットとソロステージを相次いで披露した。全30曲に達する多彩な公演だった。客席では韓国語で歌を歌い、一緒に応援法を熱唱するなど、熱狂的な反応を見せた。

防弾少年団は台湾やシンガポール、香港、タイなどアジア4地域で全9回の公演を完売し、25万人の観客を動員した。防弾少年団は「これまで僕たちを迎え、歓迎してくれたARMYの皆さんに心から感謝したい。皆さんがお祭りのように一緒に楽しんでくださったので、幸せな思い出とエネルギーをたくさんもらった。ARMYの皆さんが見せてくれた関心と愛に報いることができるように、ニューアルバムと良いステージでお返ししたい」と話した。

防弾少年団は5月4日と5日、米ロサンゼルスを皮切りに、シカゴとニュージャージー州を経て、ブラジル・サンパウロ、英ロンドン、フランス・パリ、日本の大阪と静岡など全世界8地域で「LOVE YOURSELF:SPEAK YOURSELF」スタジアムツアーを開催する。

ニューアルバム「MAP OF THE SOUL:PERSONA」は12日、全世界同時発売される。

元記事配信日時 : 20190407 11時35 記者 :テ・ユナ