JYJ ユチョン、ファン・ハナ氏の芸能人であることを認める、「麻薬は断じてしていない」

박유천,기자회견

写真=10asia

JYJ ユチョンが10日、緊急記者会見を開き、麻薬関係説を否定した。

ユチョンは同日午後、ソウル中区のプレスセンターで記者会見を開き、ファン·ハナ氏と一緒に麻薬を投薬したという疑惑を説明した。

この日、ユチョンは「私がここに来るまで本当にたくさん考えて悩みました。とても辛い時間でした。しかし勇気を出してこの場に立つことを決心したのは、すべてを私が直接率直に言うことが正しいと思ったからです」と切り出した。

続いて「私はうつ病の治療を受けていました」と告白し、「これまで長い捜査を受け、法的に無嫌疑となりましたが、社会的な叱咤と道徳的な罪悪感、そして羞恥心により辛い時間を過ごしました。自粛して反省し、やり直せると思っていましたが、ただ死んでしまいたいと思ったり、自分自身が許されない瞬間が訪れると眠ることもできず、お酒に依存しました」と話した。

ユチョンは「精神科でうつ病の治療を受け、処方された睡眠剤によりやっとの思いで眠る日が多かったです。私は決して麻薬をやってはいません」と主張した。

ファン·ハナ氏が麻薬捜査で芸能人を名指しして、薬を勧めたという話を見て、自分が誤解されるかもしれないと思い、怖かったです。私は決して麻薬はしていないのに、麻薬をする人になってしまうのかと怖かった。違うとじたばたしてもそう思われるしかないという恐怖に襲われました」と告白した。

「私は断じて麻薬をしていないので、捜査機関で調べを受けてでも直接話さなければならないと思いました」と強調した。

ユチョンとファン・ハナ氏は2017年から結婚を前提に交際をした間柄だ。二人は数回、決別説が流れた末、昨年、決別を公式的に認めた。

ユチョンは「私はファン·ハナさんと昨年初めに別れました。決別後、私はファン・ハナさんの脅迫により苦しめられましたが、それでも彼女は私が本当に大変だった2017年に、世の中の人々が皆そっぽを向いてしまったと感じられたその時期に、私の側で私を好きでいてくれた人だから責任もあるし、申し訳ない気持ちもあります。別れた後、家に訪ねてきて、泣きつかれたりしても、話を聞いてあげたり、謝ったりして慰めてあげようともしました。その時は苦痛を感じて、睡眠剤で眠りました。ファン·ハナさんも睡眠薬で眠っていたと聞いていますが、私とは関連がありません」と明らかにした。

ユチョンは「ファン・ハナさんは私に麻薬や不法な薬を服用中だと言ったことはありませんでした。別れた後、うつ病の症状がひどくなったと言って、私を恨む言葉だけを言っていました。私も記事を見てすごく驚き、残念に思っています」と話し、「しかし、私は麻薬をしたこともなく、勧めたことはありません。私はまた演技をして活動するために、一日一日ムチを打ちながら苦痛に耐えました。そんな私のすべての努力が水の泡になるような麻薬を服用することは想像もできないことです」と述べた。

続いて「私は警察署に行ってまじめに調査を受けます。私の容疑が認められれば、活動中止や引退を越えて私の人生すべてが不正になるので、切羽詰る気持ちでやって来ました。私の話を聞いてくださって感謝します」とあいさつした。

ファン・ハナ氏は2015年5~6月と9月、昨年4月にもヒロポンと向精神性医薬品などを投薬した疑いが持たれている。特に逮捕直前の今年初めまで、麻薬投薬を続けた情況が明らかになった。これと共に麻薬を流通させたという疑惑も提起された。ファン·ハナ氏は麻薬投薬容疑は認めたが、供給策としての流通容疑は否認している。

警察は、ファン·ハナ氏と親しい間柄だった芸能人A氏が一緒に麻薬を投薬したという疑いをつかみ、すでに十分な供述と証拠を確保している状態だ。

ファン·ハナ氏は拘束された後、A氏から麻薬を勧められて投薬したと主張した。彼女は麻薬を辞めたかったが、A氏の強要で投薬し、A氏が眠っている自分に強制的に投薬したと供述したという。

警察は、A氏に対しては一般的な召喚捜査ではなく、強制捜査が不可避なほど容疑が重いとみている。

ユチョンの所属事務所C-JeSエンターテインメントは「ファン·ハナ氏の供述にユチョンが関与したのは合っている。調査の前に公式的な立場を申し上げて、本人の考えを明らかにしたい」と話し、「質疑応答をしようと思ったが捜査前に話すのには問題がある。本人が直接書いた立場文で代えさせていただく。今後、今回の事件に関するすべての内容はユチョンの法律代理人が行う」と明らかにした。