愛らしさいっぱいパク・ミニョン、ドラマ「彼女の私生活」で帰って来た、ロコ女神

写真=tvN

 

女優パク·ミニョンが「ロコ(ロマンチックコメディー)の女神」の威を示している
パクミニョンはtvN水木ドラマ「彼女の私生活」で職場では完璧なキュレ5年目だが、実はアイドルオタクであるソン・ドクミを演技中だ
10日に初放送された「彼女の私生活」でパクミニョンは華やかな美貌と雰囲気、愛しくて可愛い魅力を披露しながらパク・ミニョン印のロマンチックコメディーのスタートを知らせた。また、第2話放送分ではキムジェウクとの本格的にロマンスが予告され、ときめきを誘した

パク·ミニョンはソン·ドクミというキャラクタにのめり、プロフェッショナルなキュレを消化するだけでなく、自然なオタク演技で共感を呼んでいる。特に、ドラマの中のトクジル(オタク行為)仲間であるパク·ジンジュ(·ソンジュ役)とは、親友ケミでコミカルでキュートな姿を見せながらも、キム·ジェウクとはときめきいっぱいなケミで、これからの展開をより期待させた。
パク·ミニョンは昨年、tvNドラマs「キム秘書がなぜそうか?」でロコ女神として定着した。今回は「彼女の私生活」を通じてもう一度パク·ミニョンのロマンチックコメディを披露し、今春、パク·ミニョンの魅力で染める予定だ。