JYJ ユチョン、麻薬反応“陰性”…警察は毛髪を国立科学捜査研究院に鑑定依頼

 

박유천,기자회견

写真=10asiaDB

 

歌手兼俳優JYJユチョンにする麻簡易試薬検査の結果が16日、陰性反と出た。

京畿南部地方警察の麻薬捜査隊は同日午前、ユチョンの自宅と身体などについて家宅索を行い、毛と尿の提出を受けた。

結果は陰性だった。警察は毛と尿を立科学捜究院に送り、鑑定を依した態だ。立科学捜究院の結果が出るまでには約3週間の時間がかかるとえられた。

ユチョンと係だったファン·ハナ氏は警察にし、「今年の初めにヒロポンを購入し、ユチョンと一にソウルの自宅などで麻を投した」と供述した。警察はこの供述を基に、ユチョンにする査を行ってきた。ファン・ハナ氏の供述や通信査などを通じて明るみになったユチョンの時の動線が大部分一致したためだ。またユチョンが今年初めまでファン·ハナ氏の自宅を出入りした場面が撮られたCCTV映像も確保したと知らされた。

ユチョンは、17日午前10時に京畿地方警察に出頭し、取り調べを受ける予定だ