“アジアスター” BoA、「ステージK」6番目のドリームスターとして出演

写真=JTBC「ステージK」

歌手のBoAがJTBCバラエティ番組「ステージK」の6番目の「ドリームスター」になる。

「ステージK」の制作陣は8日、BoAが「『ステージK』のドリームスターとして最近収録を終えた」と明らかにした。

2000年に満13歳という幼い年でデビューしたBoAは“10代のソロ女性歌手”に留まらず、徹底した自己管理で進化を重ね、アジアを代表する韓流スターに成長した。歌唱力はもちろんダイナミックな振り付けとステージマナー、作詞·作曲が可能な音楽能力、英語と日本語の実力まで備え、国内はもちろん海外でも長い間愛されている。

デビュー1年後の2001年日本に進出したBoAは、日本での最初のアルバム「LISTEN TO MY HEART」でミリオンセラーになって人気を得て、韓国で発表した2ndアルバム「No.1」も韓国内はもとより日本でも大きな人気を呼び、「アジアスター」という愛称を得た。その後も、全世代から愛される韓国代表のソロ女性歌手として、多くのヒット曲を出した。

「ステージK」の制作陣は「韓国と日本を超え、世界からアジアの代表的なミュージシャンとして愛されるBoAのステージをどの国から来たチャレンジャーたちがカバーするのか、彼らが選んだBoAのヒット曲はどの曲なのか、期待してほしい」と述べた。19日午後9時に放送される。