[TENイシュー] 、BTS・IZ*ONE・WINNER、日本ツアーを控えて韓国アイドルの影響は

写真=Big Hitエンターテインメント

日本の経済報復として日韓関係に異常気流が流れる中、日本ツアーを控えた韓国アイドルグループに与える影響にも関心が集まっている。

日本政府が1日、韓国の半導体とディスプレイ関連素材3種類の輸出を規制すると明らかにしてからだ。日本政府のこうした対韓国輸出規制は、韓国の最高裁判所の強制徴用賠償判決に対する経済報復措置と解釈されている。

これに対し、日本ツアーを控えた韓国アイドルの活動にも赤信号が灯るかが注目された。しかし、業界では悪化した両国の関係が、K-POPグループの活動に直接的に否定的な影響を及ぼすかどうかについては、懐疑的もしくは中立を守っている。現在、K-POP を消費する日本の世代は、エンターテインメントと政治的流れを別物と考える傾向が強いという分析からだ。 また、少女時代、東方神起に続き、防弾少年団、TWICEまで複数の世代を股にかけ、”韓流”は日本に深く根を下ろしている。

数値がこれを証明している。4日、日本チケット再販売サイトのチケット流通センター(ticket.co.jp)によると、6~7日の大阪ヤンマースタジアム長居で開催された、防弾少年団の「LOVE YOURSELF:SPEAK YOURSELF」ワールドツアーチケットは3万∼13万円で取引された。最高12倍近く高い価格で売られているのと同じだ。13∼14日、静岡エコバスタジアムで開催されるコンサートチケット価格もだんだん価格が値上がりする傾向を示している。3日に発売された防弾少年団の10thシングル「Lights/Boy With Luv」もまた、発売初日に続き、2日連続オリコンデイリーシングルチャート1位を占めた。

写真=OFF THE RECORD

IZ*ONEも8月21日、日本幕張メッセ、9月1日、神戸ワールド記念ホール、8日、福岡マリンメッセ、25日、さいたまスーパーアリーナでアジアツアーコンサートを開催する。IZ*ONEもまた、チャートから1位を獲得し、人気を立証している。 3日、日本レコード販売量集計サイトビルボードジャパン(Billboard JAPAN)が発表した6月第4週(24~30日)トップシングルセールスチャートによると、 IZ*ONEの日本での2ndシングル「Buenos Aires」は32万1999枚を販売し、1位を獲得した。IZ*ONEはCD販売、デジタルダウンロード、ストリーミング数値を総合した結果で順位が選定されるオリコン週間合算シングルランキングも1位をとり、席巻した。

写真=YG ENTERTAINMENT

WINNERは3日午後、東京中野サンプラザで「WINNER JAPAN TOUR 2019」を開始した。このツアーは15日大阪ホール、17日名古屋国際会議場センチュリーホール、28日幕張メッセ展示ホール9、8月10日東京オリンパスホール八王子、31日静岡市民文化会館大講堂、9月1日愛知日本特殊陶業市民会館フォレストホール、14日京都ロームシアター京都メインホール、16日マリンメッセ福岡へと続く。WINNER は8月7日には日本語バージョンのミニアルバム「WE」も発売を控えている。