“飲酒運転幇助“オ・スンユン、「止めようとしたが、全面的に自分の責任」

배우 오승윤이 포토타임을 갖고 있다.

写真=10asia

 

俳優オ·スンユンが飲酒運転幇助の疑いで警察に不規則立件された。

 

所属事務所T&I CULTURESは11日「オ・スンユンが先月26日、仁川(インチョン)市西区で同乗していた女性A氏の飲酒運転を幇助した」と明らかにし、「これによってオ・スンユンは仁川(インチョン)西部警察署に書類送検され、取り調べを受けた」と明らかにした。

 

オ·スンユンもこの日、所属事務所を通じて「止めようとしたが、最後までAさんの飲酒運転を防げなかったのは全面的に私の責任」と話し、「深く反省しており、まじめに警察の調査を受けた」と伝えた。

 

同乗者A氏は先月26日、飲酒取り締まり活動をしていた警察に摘発されており、血中アルコール濃度は、免許取り消し数値の0.101%となった。

 

●次は所属事務所の立場全文

 

こんにちは。俳優オ・スンユンの所属事務所T&I CULTURESです。

 

所属事務所の確認の結果、オ・スンユンは先月26日、仁川(インチョン)市西区で同乗していた女性A氏の飲酒運転を幇助しました。これによりオ·スンユンは仁川西部警察署に飲酒運転幇助の疑いで不拘束立件され、取り調べを受けました。

 

オ·スンユンは「たとえ止めようと試みたが、最後までAさんの飲酒運転を防げなかったのは全面的に私の過ち」と話し「深く反省しており、まじめに警察の調査を受けた」とその立場を伝えた。

 

オ·スンユンは警察の調査を受け、今後出される結果を謙虚に受け入れる予定です。

 

良くないことでファンの皆さんにご心配をおかけし、誠に申し訳ございません。