「使者」パク・ソジュン、「笑いを見せない慎重な演技を見せたかった」

写真=ロッテエンターテインメント

俳優パク·ソジュンが映画「使者」への出演を決心したきっかけを明らかにした。

「使者」で神を憎悪する格闘技チャンピオンから、神の使者へと生まれかわるヨンフ役を演じるパク・ソジュンに24日午後、ソウルの三清洞(サムチョンドン)にあるカフェで出会った。

パク·ソジュンは「僕は違うと思うけど、ユーモラスで愉快な人に見られる」と話し、「僕も自分の姿がそう見られているということを認知している。だから今度はもっと笑みを除いた慎重な演技を見せたかった」と明らかにした。

さらに、パク・ソジュンは「ヨンフという人物を理解しようと努力した」と話し、「シナリオに出ていない20年の時間について深く考えた。ヨンフはどのような考えで育ったのか、人に接する時のどんな心構えや目つきをするのか、表現は下手ではないのか、表情は多くはないようだ、などだ。アン神父(アン·ソンギ)に会って感じたことのない父のような愛を感じるようになれば、アン神父を眺める視線がだんだん暖かくなるのではないか、などたくさん悩んだ」とキャラクター分析過程を説明した。

パク·ソジュンは「使者」を通じてアン·ソンギ先輩に会い、幸運だったと話した。彼は「アン·ソンギ先輩は現場でいつも笑いながら周囲を包んでいる。自己管理も徹底している。台詞を一度も間違えない。拍手が自然に出て来る。そのような姿を見て一つ一つ学び、感じた」と語った。

「使者」は格闘技チャンピオンのヨンフ(パク·ソジュン扮)がエクソシストのアン神父(アン·ソンギ)に出会って、世の中を混乱に陥れた力強い悪に立ち向かうストーリーだ。31日に公開される。