Girl’s Day ヘリ、「UNICEF HONORS CLUB」最年少会員…「『Schools for Asia』キャンペーンが衝撃」

혜리,유니세프

写真=10asia

 

歌手兼女優である、Girl’s Day ヘリの所属事務所であるCreative Croup INGは26日、「ヘリが同日、UNICEFに1000万円を寄付し、『UNICEF HONORS CLUB』の最年少会員(満25歳)に登録された」と明らかにした。

 

ヘリはこの日、韓国UNICEFで開かれた加入式に出席し、「UNICEF HONORS CLUB」の加入認証牌が贈られた。

 

ヘリが伝達した今回の寄付金はアジアの子ども教育のためのUNICEFグローバルキャンペーン「Schools for Asia」の支援に使われる予定だ。ヘリは今後、世界の子供たちのためのUNICEFの多様なキャンペーンにも積極的に参加するという意思を表明した。

 

ヘリは「私は今年デビュー10年目となった。幼い時からデビューし、皆さんの声援のおかげで今の地位までこぎつけたと思う。多くの国のファンが私を応援してくれた分、少しでもお礼をしたいという考えを常に持ってきた」と語った。

 

続いて「UNICEFの『Schools for Asia』キャンペーンを聞いて衝撃を受けた。韓国は義務教育という制度があって学校に行くのが自然なことなのに、同じアジアの子供たちが基本的な教育も受けていないということが残念だった。 私の小さな支援で子供達が夢を見て希望を持つのに少しでも役立つことを願う。私の話を通じて多くの方々が恵まれていない子ども達に関心を持つきっかけになってほしい」と付け加えた。

 

「UNICEF HONORS CLUB」は、世界の子どもたちのために1000万円以上の基金をユニセフ韓国委員会に寄付した後援者たちの集まりだ。キム·ヨナ ユニセフ国際親善大使、ユニセフ韓国委員会のアン·ソンギ親善大使、ウォン·ビン特別代表、防弾少年団のJINなど各界各層の人物が会員だ。

 

ヘリは9月に放送されるtvNドラマ「ミス・リー」のイ・ソンシム役を演じ、撮影に臨んでいる。