元Wonder Girls ソンミ、本日カムバック…「LALALAY」に寄せられた期待

写真=MAKE USエンターテインメント

元Wonder Girlsのソンミが戻って来る。本日(27日)午後6時にニューシングルアルバム「LALALAY」を発表する。3月に発表したシングル「Noir」以来、約5ヵ月ぶりだ。ソンミは今回も自作曲でステージ上に上がる。コンセプト写真とミュージックビデオ映像などを少しずつ公開しながら、変わった試みを予告してファンの期待を一層高めた。

同日公開される「LALALAY」 はソンミが3月にメキシコで展開したワールドツアー当時、インスピレーションを受けて完成した曲だという。所属事務所のMAKE USエンターテインメントの関係者は「ラテン風から始まり、隠喩と直説話法を適切に交ぜた歌声が特徴だ。ソンミの躍動的なダンスも加わり、人々を魅了する曲だ」と紹介した。

ソンミはこれに先立ち、「LALALAY」のミュージックビデオの予告編を通じて、神秘的で魅惑的な目でカメラを眺めながら強烈な印象を残した。それだけでなく、赤いドレスを着て走る姿が映った予告映像にもファンの関心が高まっている。2017年8月に発表した「Gashina」から「Heroine」「Siren」「Noir」まで発売する曲毎に、独特なコンセプトを全面に出しながらも、自分だけの色を完全に見せたソンミ。Wonder Girls出身という名札を外してソロ歌手としての実力と可能性を認められ、女性ソロ歌手を代表する位置まで上りつめた。

ソンミの今回のカムバックがさらに期待される理由は、一層成長し、発展した姿を見せられるからだ。彼女は6月まで約5ヵ月間、北米とアジア、ヨーロッパ地域を回るワールドツアーを盛況のうちに終えた。2月にソウルで開幕し、サンフランシスコ・ロサンゼルス(LA)・シアトル・バンクーバー・カルガリー・ニューヨーク・トロント・ワシントンDC・メキシコ・香港・台北・東京・ロンドン・ポーランド・オランダ・ベルリン・パリまで全世界18都市でファンに会った。公演で歌った全ての曲を自分の歌で満たし、代替できない華やかな振り付けで海外ファンを魅了した。

今回の新曲のミュージックビデオ予告編で少し公開されたメロディーを聞くと、これまでソンミが発表した音楽と比較するとはるかにメロディーが豊かになったことが感じられる。 強く響く管楽器の演奏が、軽くて爽快な雰囲気を引き立たせている。

5月にワールドツアーのロンドン公演で会ったソンミは「コンサートを続けながら、合間を縫って音楽作業をした」、「もうすぐ新しいストーリーをお聞かせできると思う」と満足げな表情を見せた。ワールドツアーをしながら成長して発展すると同時に、多彩な経験によるノウハウも蓄積した彼女が新たに披露する歌はどんな雰囲気になるのか、どんな試みで人々の視線を集めるのかが注目される。