クルーズの都市、釜山に行く

KakaoTalk_20190828_164208886

写真=釜山港大橋を通るクルーズ

釜山は韓国最高のクルーズ都市。釜山港国際旅客ターミナルはクルーズを利用して釜山から世界、世界から釜山へと移動する旅行客の足並みが耐えない。もし短時間釜山に滞在するなら、シティツアーバスに乗っての釜山一周がオススメ。さらに余裕があればショッピング、体験、文化、食まで、釜山にどっぷり浸ってみよう。

KakaoTalk_20190828_164209083

写真=釜山港大橋を走るシティツアーバス

多様な魅力が満載
釜山港国際旅客ターミナルから釜山駅までは、徒歩での移動が可能なほど近い。短時間で効果的に釜山を見て回りたいならシティツアーバスがオススメ。釜山駅のすぐ前に乗り場があり、1日利用権1枚でレッド・グリーン・ブルー・イエローの4つの路線を自由に利用できる。夜景バスは予約が必須だが、昼間の時間帯なら運転士から直接搭乗券を購入(成人15000ウォン、小人8000ウォン)できる。記者は釜山駅から釜山を代表する海水浴場である海雲台コースを結ぶレッドラインバスに乗った。最も多くのコースが見て回れ、計2時間を要する。各コースを通り過ぎるごとに案内放送の親切な説明が続く。海と空の間を2階建てバスが走る。釜山港大橋を走る時はジェットコースターに乗るかのようにスリル満載だ。
当然運転は運転士がするのだが、バスに乗った途端に空腹感が押し寄せる。釜山は伝統市場が有名だが、そのうちの‘国際市場(ククチェシジャン)’に立ち寄り、豚汁ご飯(テジクッパプ)を食べた。釜山で必ず味わうべきこの味は、朝鮮戦争当時に避難民が容易く手に入れることのできる豚骨とその付属物で汁を煮たところに由来している。しっかり腹ごしらえしたところで、龍頭山公園に上ってみようか?

KakaoTalk_20190828_164208735

写真=フォトゾーンで有名な龍頭山公園モニュメント

釜山タワーのある龍頭山公園は、多くの観光客が好んで訪れる所で、去る7月に異色の空間がオープンした。それは韓服体験館! 伝統衣服である韓服は、ラインが美しく優雅だ。

韓服と釜山タワー、陽の沈む夕方、海が妙に調和する。韓服をレンタル(90分、2万ウォン~)すると、スタッフが髪から着こなしまでセンスよい手並みでまとめてくれる。この他にも釜山は美味しいベーカリーが集まる南泉洞から宝水洞本屋通り、再生建築の力を見せてくれる複合文化空間F1963まで、それぞれ違った好みを満たしてくれる魅力的なスポットでいっぱいだ。

 

忘れられない旅に出たいなら、韓国・釜山に今すぐ出発!

文 チョン・サンミ 写真 イ・ヒョテ