防弾少年団 RM、聴覚障害養護学校に1000万円寄付…「音楽教育に使って欲しい」

방탄소년단,RM,기자간담회

写真=10asia

 

グループ防弾少年団のリーダーRMが、聴覚障害養護学校に1000万円を寄付した。

聴覚障害特殊学校、ソウル・サムソン学校関係者は20日「RMが自分の誕生日(9月12日)を記念して今月16日、同学校に1000万円を寄付した」と明らかにした。

さらに、「聞く事が不自由な生徒たちに、多様な方法で音楽を楽しんで欲しい」と話し、「聴覚障害児童の音楽教育と芸術公演活動の拡大に使う計画だ」と付け加えた。

ソウル市銅雀区に位置するソウル・サムソン学校は社会福祉法人ソウルサムソン院傘下の聴覚障害特殊教育機関で、幼稚園から高校生まで120人余りの学生が在学中だ。

ソウル・サムスン学校のシン・レボム校長は、「聴覚障害を持つ生徒も音楽を通じて楽しさを感じ、社会的に自信を持つことができるよう、様々な音楽活動を支援する」と語った。