「チョン・ヘインの歩み報告書」、11月に編成確定…チョン・ヘイン、明日(15日)ニューヨークへ

写真=KBS

 

KBS2新バラエティ番組「チョン・ヘインの歩み報告書」が編成を決めた。

 

14日午前、「チョン・ヘインの歩み報告書」側は「『チョン・ヘインの歩み報告書』が来る11月に初放送される、編成確定を伝えた。『チョン・ヘインの歩み報告書』は韓国代表長寿教養番組である、KBS1「歩いて世界の中に」を、バラエティとして再誕生させた番組で、単純な旅行、リアリティではない「歩いて旅行して記録するドキュメンタリー」別名「歩キュメンタリー」というコンセプトで、旅行バラエティの新たな一ページを開く見通しだ。

 

「チョン・ヘインの歩み報告書」はデビュー7年目の俳優チョンヘインが初めて挑戦する単独のリアリティバラエティ番組という点で注目を集める。「国民年下男」「メロ職人」などロマンチックな修飾語を持つチョン・ヘインが、これまで放送で一度も公開されたことのない純粋な素顔を見せるものと期待されているからだ。実際、チョン・ヘインは事前ミーティングで制作スタッフに「英語が流暢ではない」と告白し、「すべてをかける」と宣言した。

 

「チョン・ヘインの歩み報告書」はプロデューサーが企画、出演、撮影など制作全般に参加するKBS1TV「歩いて世界の中に」の製作方法を借用し、チョン・ヘインが単純な出演を越えて旅行のすべてのディテールに責任を負うということから、従来の旅行バラエティとの差別化を予告している。撮影地であるニューヨークはチョン・ヘインが選んだ「一番の旅行地」であるだけでなく、旅行に同行する俳優ウン・ジョンゴンとイム・ヒョンスもまたチョンヘインが直接交渉した実際の友人だ。旅行過程で明らかになるチョン・ヘインの趣向と3人の男が披露する歴代レベル「実親(実際の友達)」ケミも「チョン・ヘインの歩み報告書」を楽しむもう一つの見どころになる見通しだ。

 

これに対し、「チョン・ヘインの歩み報告書」の制作陣は、「チョン・ヘインの番組に対する意欲がすごい。事前ミーティング当時、メモ帳にニューヨークのバケットリストを書いてきて、制作陣を驚かせたり、『歩いて世界中に』に続く番組を作る」と野心に満ちた抱負を語ったほどだ」と耳打ちした。続いて「チョン・ヘインと友人達がニューヨークの地元の人たちとコミニュケーションするだけではなく、彼らが直接決めたコンセプトでニューヨークの魅力に近づくだろう。たくさんの期待をお願いする」と伝えた。

 

チョン・ヘインと友人は現地撮影のため、15日、米ニューヨークに出発し、「チョン・ヘインの歩いて報告書」は11月に初放送予定だ。