BIGBANGのG-DRAGON、鉄原ではなく龍仁で除隊予定…アフリカ豚コレラ感染防止のため

写真=10asiaDB

BIGBANGのG-DRAGONが除隊する場所が、江原道(カンウォンド)鉄原(チョルウォン)から、京畿道(キョンギド)龍仁(ヨンイン)市に変わったと25日伝えられた。

この日、所属事務所のYG ENTERTAINMENTはG-DRAGONが龍仁にある地上作戦司令部で26日午前8時に除隊すると明らかにした。

鉄原郡の関係者も、「G-DRAGONが鉄原ではなく龍仁で除隊する」と話し、アフリカ豚コレラ(ASF)防疫を理由にあげた。

鉄原はアフリカ豚コレラ(ASF)ウイルスが検出された地域だ。除隊日にファンと取材陣数千名が集まる場合、防疫体制に穴が開いてしまう恐れがあり、陸軍第3師団はG-DRAGONの除隊場所を変えることに決定したと伝えられた。

YG ENTERTAINMENTは23日、公式ホームページを通して、「伝染病拡散防止のために、 G-DRAGON、SOL、D-LITEが服務する地域に行くのを自制して欲しい」と強調した。

G-DRAGONは昨年2月27日、現役で入隊し、江原道鉄原の陸軍第3師団白骨部隊砲兵連隊で服務中だった。