「青龍映画賞」ナム・ジュヒョク、「トロフィーは玄関の前に」

写真=10asia

俳優ナム・ジュヒョクが「青龍映画賞」のトロフィーを玄関の前に置いたと明らかにした。

28日午後、ソウル汝矣島洞CGV汝矣島で「第40回青龍映画賞」ハンドプリンティングイベントが開催された。昨年の青龍映画賞の受賞者であったハン・ジミン、キム・ヒャンギ、ナム・ジュヒョク、キム・ダミが参加した。

4人の俳優達がこの日の行事でハンドプリンティングを行い、去る1年の栄光を振り返る時間を持った。

ナム・ジュヒョクはスクリーン初作品である「安市城」で昨年青龍映画賞の新人男優賞を受賞した。ナム・ジュヒョクは「時間がこんなに早く過ぎるとは想像もできなかった。昨年、とても光栄ある瞬間を迎えた。今日このようにもう一度光栄な場に来ることが出来て嬉しい」とときめく胸の内を伝えた。青龍映画賞をもらってから「母がとても幸せに思い、喜んでくれた。母親も僕が俳優という仕事をすること、青龍映画賞の受賞者になるとは思わなかったと思う」と話した。

ナム・ジュヒョクは「青龍映画賞は僕にとって想像できない瞬間を作ってくれた」と話し、「トロフィーを家の玄関をあけてすぐ見える所に置いた」と話した。

第40回青龍映画賞は11月21日仁川永宗島パラダイスシティーで開催され、SBSを通して生中継される。