防弾少年団のアメリカ活動、米ローリングストーンズが選んだ音楽界で起こった重要な瞬間

写真=Big Hitエンターテインメント

米音楽媒体ローリングストーンズが10年間、音楽界で起こった最も重要な瞬間として、防弾少年団(BTS)のアメリカ活動などを選んだ。

ローリングストーンズは25日(現地時間)2010~2019年、音楽産業・文化で発生した、記憶すべき瞬間50を報道した。

ローリングストーンズは「BTSがグッド・モーニング・アメリカを熱くする」という小題目で、去る5月、防弾少年団の成功的なアメリカ活動を紹介した。媒体は防弾少年団がアメリカ主要番組である、「グッド・モーニング・アメリカ」「サタデー・ナイト・ライブ」などに出演し、K-POPグループ初のアメリカスタジアム公演を完売させたことを言及し、「未だにK-POPがアメリカ内の足場を築いたのか、疑う人がいるならば防弾少年団を見よ」と伝えた。

また、「江南スタイル」で2012年に人気を博したPSYも記事に名を連ねた。ローリングストーンは「『江南スタイル』はミュージックビデオと世界的なダンスの熱風で数億人の人々に韓国の大衆音楽シーンを表した」と評価した。「江南スタイル」は当時、ミュージックビデオで初めてYouTube10億回を突破すると同時に、ビルボードメインチャートHOT100で2位まで上がった。

特に「PINKFONG(ピンクフォン)」の「サメのかぞく」が今年一年を強打したのを音楽界の重要な出来事として選んだ。この歌は北米圏の口伝え童謡「Baby Shark」を子供教育コンテンツブランド「PINKFONG」が編曲し、作った。韓国の童謡としては初めてビルボードHOT100で32位に上がる程、旋風的な人気を集めた。

ローリングストーンはこれについて「誰も『Baby Shark』の原曲の音を正確にはわからないだろうが、PINKFONGはこれを似たように編曲し、すべての年齢層が簡単に真似して歌うことができるように、とてつもないヒット曲を作りだした」と評価した。