Red Velvet ウェンディ 墜落事故、SBSの巧みな責任回避に論議殺到

레드벨벳,웬디,공항

写真=10asiaDB

グループRed Velvetのウェンディが、顔の負傷に加え、骨盤と手首まで骨折する事故に遭った。 25日に放送された「2019 SBS歌謡大祭典」のスペシャルステージのリハーサル中に起きた事故だった。これについてSBSの責任を回避するような謝罪文が議論を呼んでいる。

ウェンディは同日、スペシャルステージに設けられたトンネルを過ぎた後、階段で降りなければならなかった。しかし、階段のリフトが上がってこず、そのまま床に落ちたという。このリフトは高さ2mを超えるという。ウェンディは直ちに病院に搬送され、顔の負傷、骨盤、手首の骨折の診断を受けた。歌はもちろん、視覚的なパフォーマンスが重要なガールズグループのメンバーにとって、顔の負傷は致命的だ。所属事務所SMエンターテインメントは、「ウェンディは現在、病院に入院して治療中だ。健康が回復するまで治療に専念する予定だ」と明らかにした。

ウェンディの負傷でRed Velvetは完全体ではない状態で年末歌謡授賞式のステージに上がることになった。アイリーンは予定通り27日に開催されるKBS2TV「KBS歌謡大祝祭」のMCを担当し、スルギ・ジョイ・イェリなどはMBC「歌謡大祭典」で合同ステージにのみに参加する。SMエンターテインメントは「ウェンディを除くメンバー4人はRed Velvetとしてのステージは行わない」と明らかにした。事故が発生した「2019 SBSの歌謡大祭典」でもRed Velvetの出演シーンは、事前録画した新曲「Psycho」のステージのみが放映された。

安全不感症によるトップガールズグループのメンバーの負傷は、ファンに衝撃を与えた。それに加え、高みの見物のようなSBSの安逸な謝罪文が論議を呼んだ。SBSは謝罪文で、ウェンディの負傷について「残念だ」と表現し、「早い快癒を願う」と語った。ウェンディの負傷に対する責任を何としても負いたいという言葉は一言も見られなかった。SBSは「今後SBSは、安全管理に格別な注意を払う」とだけ付け加えた。

Red Velvetは、23日、李パッケージアルバムの「The ReVe Festival’Finale」を発売した。タイトル曲「Psycho」は発売直後、主要音源サイトで1位を獲得するなど、熱い反応を得ている。リパッケージアルバムだとしても、Red Velvetが当分の間、「Psycho」で完全活動を繰り広げるのは難しい見通しだ。国民の怒りを買ったウェンディの事故に26日には、大統領府の国民請願の掲示板に「再びこのような出来事が起こらないよう助けて下さい」という投稿も掲載された。SBSのより適切な措置が必要な時点だ。

■SBS謝罪文全文

Red Velvetのリハーサルに関する謝罪文です。

25日、「2019 SBS歌謡大祭典」の事前リハーサル中に、Red Velvetのウェンディが負傷するという残念な事故が発生しました。

これにより、Red Velvetが歌謡大祭典の生放送のステージに上がることができなくなり、ファンの皆様及び視聴者の方々に心よりお詫び申し上げます。 Red Velvetのウェンディの早い快癒を祈りながら、今後SBSは、安全管理に格別に注意を払います。

■SMエンターテインメント 立場 全文

ウェンディを除く、Red Velvetのメンバー4人はKBS歌謡大祭典、MBC歌謡大祭典に出演し、予定していたコラボレーションステージ、MC等のメンバーソロステージのみ参加して、Red Velvetとしてのステージは行いません。ウェンディは現在病院に入院し治療中で、健康が回復するまで治療に専念いたします。