SUPER JUNIOR ヒチョル♥TWICE モモ、13歳の年の差と韓日の国籍を克服した愛

写真=10asiaDB

SUPER JUNIORのヒチョルとTWICEのモモが、熱愛を認めながら、2020年第1号の公式アイドルカップルとなった。2人は13歳の年の差と、韓国と日本という国籍を超えた愛をスタートした。

ヒチョルの所属事務所Label SJ、モモの所属事務所JYPエンターテインメントは2日前に明らかになった2人の熱愛説について、「確認の結果、2人は芸能界の先輩後輩として親しく過ごして来ながら、最近好感を持って会っている間柄になった」と明らかにした。

ヒチョルとモモは昨年8月に一度熱愛説が広がったが、当時は「事実無根だ。親しい先輩後輩なだけだ」と熱愛を否認した。しかし2度目の熱愛説が出ると、熱愛を公式に認めた。

2005年、SUPER JUNIORとしてデビューしたヒチョルは、デビュー15年目で、2015年にTWICEとしてデビューしたモモはデビュー5年目にして初めて公開恋愛をスタートする。特にモモはメンバーのジヒョに続いて、チームで2番目の公開恋愛となる。

ヒチョルとモモは多数のバラエティ番組で出会い、親しい間柄となった。特にヒチョルは様々な番組で、モモが理想のタイプだと言及し、モモはヒチョルとミン・ギョンフンの「Sweet Dream」のミュージックビデオにも出演し、特別により親しい間柄であることを立証した。