防弾少年団、先行公開曲「Black Swan」でカムバック…芸術家BTSの告白

写真=BigHitエンターテインメント

弾少年団の先行公開曲「Black Swan」がベールを脱いだ。

弾少年団は17日午後6時、韓国内及び海外主要音源サイトで4thフルアルバム「7(MAP OF THE SOUL : 7)」の先行公開曲「Black Swan」の音源を公開した。

Black Swan」はトラップドロームビートと哀切な「lo-fi」ギター戦慄、キャッチーなhookが調和をなす、幻想的な雰囲気のクラウドラップ(Cloud Rap)、エモヒップホップ(Emo Hip hop)ジャンルの曲だ。

昨年発売された、「MAP OF THE SOUL : PERSONA」のアルバムが自身の本当の姿を探すための旅程の出発点として、世に対する関心と愛の楽しさを歌ったならば、「Black Swan」では自身の深い内面に入り、芸術家として隠してきた影と向かい合う。

楽をすればする程、これ以上音楽が自分に大きな感動やときめきを与えられないという恐れを感じるが、心の深い場所で、自分の中の「Black Swan」に向かい合った瞬間、自分には音楽しかないことを逆説的に悟る。音楽が自身にとってどんな意味なのか、本当の意味で知ることになった芸術家としての告白を成熟し、自伝的な歌詞を通じて伝達する。

写真=BigHitエンターテインメント

弾少年団はスロベニア現代舞踊チームである、「MN Dance Company」とのコラボを通して作られた、アートフィルム(Art Film performed by MN Dance Company)も共に疲労した。

完成した映像は「Black Swan」がモチーフとなった、舞踊家マーシャ・グラハム(Martha Graham)の名言で始まる。7名のダンサー達が曲の情緒を現代舞踊で再解釈し、一編のパフォーマンス公演を見せ、グローバルアーティストとしての防弾少年団の独歩的な存在感を倍加させる。特に非現実的な空間を背景に、苦難と逆境を乗り越えて誕生した、黒鳥(Black Swan)を連想させる、独創的なダンスと感覚的な映像美が視線を圧倒する。

弾少年団は221日、4thフルアルバム「7(MAP OF THE SOUL : 7)」を発売する。ニューアルバムは1週間342万枚の予約注文枚数を突破し、防弾少年団のアルバム史上最多予約注文記録を立てている。