映画「コール」パク・シネ、ショートカットに変身「フィルモ史上最も強力なキャラクター」

박신혜,콜

写真=10asiaDB

写真=NEW

女優パク・シネが映画「コール」を通して、初めてショートカットに挑戦する。

17日午前、ソウルシンサドンCGV鴎亭で映画「侵入者」の製作報告会が開かれた。「コール」は過去と現在、互いに違う時間帯に暮らしている2人の女性が一本の電話が連結されることにより繰り広げられるストーリーを扱った、ミステリースリラーだ。

パク・シネは過去を変えようとする女性ソヨンを演じる。ソヨンは過去を変える代わりに、殺人鬼と出くわすことになる。パク・シネは「今まで出演した作品の中で最も強烈な役柄」だと話し、「過去を変えるための代価を壮絶に払うことになる。母親を守るために身悶えするソヨンの姿が魅力的に感じられた」と出演理由を話した。

またパク・シネは、「作品を通して初めてショートカットにした。今回の出演を通して、自分の知らない姿もたくさん発見することができた」と付け加えた。

「コール」の魅力を聞くとパク・シネは「読めば読むほど好奇心がそそられる本がある。そんな本を読むと心臓が早くなるが、「コール」のシナリオがそうだった。読みながらずっと心拍数が上がって「『このまま心臓が破裂しちゃうのではないか』と思う程だった」と当時を回想した。