防弾少年団 ジミン、ソロ曲「Filter」で米ビルボード&英オフィシャル、世界2大チャートをオールキル

 

写真=10asiaDB

弾少年団ジミンがソロ曲「Filter」で世界2大ポップチャートをオールキルした。

ジミンは先月21日に発売された防弾少年団4thフルアルバム「MAP OF THE SOUL:7」を通じて、ソロ曲「Filter」を披露した。

弾少年団4thフルアルバムがグローバルチャートで歴史的な記録を立てている中、「Filter」もやはり韓国、米国、英国など大型音楽チャートで何のプロモーションやミュージックビデオもなく、大きな活躍をしている。

Time誌が「防弾少年団のアルバムの中で最も目立つ曲」として説明したジミンによるソロ曲「Filter」は、ラテンギターメロディーのジミンによるセクシーな重低音が際立つ曲で、カメラアプリケーション、SNSフィルター以外にも人々が自分を見つめる視線、色眼鏡など「Filter」という単語が持つ様々な意味を活用し、人々に常に新しく面白い姿を見せたいという気持ちを表現した。

特に「I can be your Genie How ’bout Aladdin? 何でもなってあげる、僕を選んで使えばいい」というような歌詞が、ファンが望むどんな姿でもなってあげるというジミンのファンを大事にする姿をそのまま見せており、世界のファン達から爆発的な支持を得ている。

全世界の恋に傍証するようにジミンの「Filter」は2(現地時間)、米ビルボードのメインシングルチャート「ホット100」で87位にランクインした。カナダでビルボードのメインシングルチャート「ホット100」でも88位にランクされた。ジミンは米ビルボードチャートと英(UK)オフィシャルチャート、カナダビルボードチャートにすべてランクインする勢いを見せた。

ジミンの「Filter」は英(UK)オフィシャルチャートでタイトル曲「ON」の21位を除き、収録曲の中で唯一ランクインし、100位にランクインした。英(UK)オフィシャルチャートは最も長い歴史を持っており、アルバム産業界に影響力のある重要なチャートに選ばれる。ランクインの壁が高いことで有名な歴史のあるチャートであるにもかかわらず、ジミンの「Filter」はミュージックビデオとプロモーションなしに韓国ソロでは初の非常に異例なメインシングルチャートにランクインしたのだ。

また「Filter」は世界最大電子商取引企業であるアマゾンでベストセラー商品デジタルソング部門で226日から32日まで6日間、リアルタイムで1位を保持してきた。グローバル1位の音源サイトSpotifyでは韓国ソロアーティストでは最短期間の1000万のストリーミングを突破して、グローバルチャートで33位にランクインし、ソロ曲の中でも最も高い順位を記録した。

YouTubeでは「Filter」の音源が発売されるとすぐ韓国、米国など主要国ですぐにトレンディングとなり、アルバム収録曲の中で唯一1000万ビューを突破した。同時にグローバルYouTubeトップソングミュージックチャートでは90位を獲得し、全世界的な人気を証明した。

MAP OF THE SOUL:7」に向けた全世界のARMY(防弾少年団のファン)の熱狂的な反応を反映するかのように、ビルボードチャートでも猛威を振るっている。2(現地時間)、ビルボードは防弾少年団」「ON」が「ホット100」の最新チャートで4位にランクインしたと明らかにした。これはK-POPグループとしては史上最高順位であり、チャートデビュー直後の最高記録だ。

これまで防弾少年団は「ホット100」に「DNA(67)、「MIC Drop」リミックス(28)、「FAKE LOVE(10)、「Idle(11)、「Boy With Luv(8)、「Make It Right(76)、「Waste It On Me(89)、「Black Swan(57)などの名を連ねるなど、また一度、歴史を書き下ろしている。