BIGBANGのG-DRAGON、SOL、T.O.P、D-LITEがYGと再契約…カムバックの準備に拍車

그룹 빅뱅 / 사진제공=YG엔터테인먼트

写真=YG ENTERTAINMENT

BIGBANGがYG ENTERTAINMENTと再契約を締結し、厚い信頼を確認、長い歳月にわたる変わらない縁を続けていく。

YG ENTERTAINMENTは11日、「BIGBANGのメンバーであるG-DRAGON、SOL、T.O.P、D-LITEが専属契約を締結した」と公式発表した。

BIGBANGとYG ENTERTAINMENTの再契約は2011年と2015年に続き3度目となる。

これでBIGBANGはシナジーが検証されたYGとの体系的なシステムと安定した支援を土台とし、より完璧で長期的な活動計画を描いていくことが可能となった。

2006年にデビューしたBIGBANGは、これまで数多くのヒット曲を生み出し、独自の領域を構築してきた。トップに躍り出たグループ皆がデビュー前の練習生時代から苦楽を共にした事務所と20年以上共にするというのはまれに見る事例だ。

YG側は、「BIGBANGは音楽的領域を超えて、韓国の大衆文化の流れを変えたグループだ。BIGBANGがこれからも続けて、当社の代表アーティストとして世界のK-POPの歴史を綴っていくことが出来るように、全面的な支援を行う」と話した。

BIGBANGの復帰ステージが予定されていたアメリカの音楽フェスティバル「コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル」は新型コロナウイルスの影響で4月から10月に延期となった。