イ・スンギが出演…「8時のニュース」にアナウンサーとして変身

사진=SBS '8뉴스' 방송 화면.

写真=「8時のニュース」放送画面キャプチャー

歌手兼俳優のイ·スンギが1日アナウンサーとしてニュースに突然登場した。

イ·スンギは30日、SBS「8時のニュース」のスポーツニュースにアンカーとして出演した。事前に予告されなかった出演だ。

イ·スンギは、スポーツニュースの末尾でスタジオに突然現れ、キャスターのキム·ユンサンアナウンサーと最後のニュースを伝えた。

イ·スンギは「2年前に脳腫瘍の手術を受け、しばらく野球場を離れたプロ野球ロッテのキム·サンホ選手の映像です。今日のチーム練習試合で2点本塁打を放ち復活の信号弾を打ち上げました」と紹介すると、「これまで一日アナウンサーのイ·スンギでした」と挨拶した。

放送後、イ·スンギの「8時のニュース」に出演することになったきっかけをめぐり、様々な憶測が飛び交っている。特にファンたちはSBSの「チプサブイルチェ」の一環で特別出演ではないかと好奇心を高めている。