「新ガールズグループの最終メンバーは?」…JYP Nizi Project、日本の地上波で放送

니지 프로젝트 그룹 /  사진제공=JYP엔터테인먼트 Sony Music Entertainment (Japan) Inc

写真=JYPエンターテインメント Sony Music Entertainment (Japan) Inc

JYPエンターテインメント(以下、JYP)のグローバルオーディション「Nizi Project」が、日本の地上波日本テレビ(NTV)の電波に乗る。

日本テレビは17日から毎週金曜日059分、「虹プロジェクト」のための特別バラエティ番組「虹のかけ橋」を放送する。

Nizi Project」はWonder Girlsmiss ATWICEITYZなどを輩出した韓国最高エンターテイメント会社JYPと日本最大のレコード会社ソニーミュージックが出会った超大型プロジェクトだ。

「虹のかけ橋」は、「Nizi Project」パート12を網羅する総合番組。「Nizi Project」に参加した練習生たちの始まりから、デビュー決定の瞬間までにスポットを当てる。

特に今回の放送には、K-POP代表プロデューサーのパク・ジニョンと有名プロデューサーのピコ太(古坂大魔王)が一緒に出演する。

ピコ太郎は世界的に話題となったパイナップルソング「PPAP」の創始者であり、日本で人気放送家としても活躍している。

가수 박진영 /  사진제공=JYP엔터테인먼트

写真=JYPエンターテインメント

パク·ジニョンは「地上波番組で練習生を紹介し『Nizi Project』の新しいニュースを伝えることができて嬉しい。多くの方々に視聴していただき、関心と応援を送って頂きたい」と出演の感想を伝えた。

ピコ太郎は「韓国のレジェンドであるパク·ジニョンプロデューサーとの番組が楽しみだ。今度のオーディションには本当にとてつもない人材たちが集まった。プロデューサーとして彼らの魅力をうまく伝えたい」と期待感を示した。

両社はメンバー選抜からトレーニング、企画、制作、マネジメントまで全ての過程を共同で進める。昨年夏、日本の8都市、米ハワイやロサンゼルスなど計10地域でオーディションを行い、9月には1万人を超える志願者の中から26人を選んだ。

Nizi Project」パート1は多様な志願者の話と45日間の東京合宿、そしてJYPが提供する最上のトレーニング機会を受ける、メンバー選抜過程が盛り込まれた。

今年3月に放送が始まり、世界最大の動画プラットフォームYouTubeでも鑑賞可能だ。

パート2では、半年間JYP本社で行った13人の合宿と最終審査、そして新ガールズグループとしてメジャーデビューする主人公たちが公開される。

24日にオンエアされるパート2の第1話は、スタートから参加者が諦める意思を明らかにするなど衝撃的な展開が繰り広げられる。さらに、従来のオーディション番組では見られなかった豪華なステージと興味深いミッションが視聴者を魅了する見込みだ。

パート2毎週金曜日の夜10時、日本のオンライン動画プラットフォーム「Hulu」で見ることができる。