新ドラマ「サイコだけど大丈夫」、キム・スヒョン「ガンテに没入して見て欲しい」

'사이코지만 괜찮아' 김수현 / 사진 = tvN 제공

写真=tvN提供

 

俳優キム·スヒョンがtvNの新土日ドラマ「サイコだけど大丈夫」の主人公ムン·ガンテに出会った正直な気持ちを明らかにした。

 

今月20日に初放送を控えているtvN新土日ドラマ「サイコだけど大丈夫」(脚本:チョヨン、演出:パク·シヌ)は、思い通りにならない人生のプレッシャーから愛を拒否する精神病棟の介護士ムン·ガンテ(キム·スヒョン)と生まれつきの障害で愛することを知らない童話作家コ·ソヨン(ソ·ドジ)がお互いの傷を癒しあう、一編のファンタジー童話のような愛に関する少し不思議なロマンチックコメディーだ。

 

「サイコだけど大丈夫」というタイトルから惹かれたというキム·スヒョンはムン·ガンテについて「心が破れるという表現を超えた、ぐるぐるのキャラクターだ。誰もがそうであるように、外や他の人の前では誰よりも強くて隙はないが、一人でいる時は武装解除になって崩れてしまうではないか。ガンテは丈夫そうに見えるが、実は自分が背負っているものでいつも疲れている状態だ。どこかにガンテのような人がいると思った」とキャラクターに対する格別な切なさを示した。

 

特に、ムン·ガンテは夢も希望もなく生きていくキャラクターで、家では自閉スペクトラム(ASD)を持った、ムン・サンテ(オ·ジョンセ)を世話し、外では心を煩う患者たちを保護しているが、いざ自分の人生となると、面倒を見ることができない人物であるだけに、キム·スヒョンの感情熱演がより深く繊細に表現されることを期待させる。

 

キム·スヒョンは「ムン·ガンテは周りの人たちに本音を漏らさない。特に、ガンテの表情でガンテの感情を理解する兄の前では、決して本音を見せない。こうした部分を多くの方々が共感してほしい」との願いを明らかにし、果たしてどのように視聴者を捕らえるのかに注目が集まっている。

 

ジャンルを問わず、キャラクターに対する没入度と具現力が格別で定評のあるキム·スヒョンは、ムン·ガンテのキャラクターを演じる時、いつも悩みを重ねて緊張を緩めないほど、作品に対する熱意がすごいという。

 

最後にキム·スヒョンは「劇中に登場する各キャラクターに関心を持ってみてほしい。特に奥深いガンテにハマってみれば、ドラマの面白さがさらに倍増すると思う」と見どころを明かし、さらに興味がそそられる。

 

一方、「サイコだけど大丈夫」は20日夜9時から放送される予定だ。