BIGBANGのSOL、「ミン・ヒョリンでなければ結婚は考えなかった」

그룹 빅뱅 태양 다큐멘터리

写真=BIGBANG SOLドキュメンタリー

 

BIGBANGのSOLが、妻である女優ミン·ヒョリンに対する深い愛を告白した。

今月4日、SOLとBIGBANGの公式YouTubeチャンネルにはSOLのドキュメンタリー「白夜|WHITE NIGHT [太陽が沈まない夜]」第6話”Crystal clear”編が公開された。

第6話では舞台から離れた別の空間を過ごす、SOLの姿が描かれた。SOLは、日常の中で運動で管理を忘れずに美味しい店を探し回り、何より愛と情熱に満ちた青年の姿で目を引いた。

2017年、「WHITE NIGHT」ツアーの日程中、SOLはスタッフと食事をしながら結婚についての自分の価値観を率直に打ち明けた。

当時、ミン·ヒョリンと公開恋愛中だった彼は「自分が一人でやった時の成果と自分が(配偶者と)責任を負い、何かをする時とは本当に天地の差だ。想像以上の能力が生まれる」と話した。

続いて「結婚しないと」という知人の言葉にSOLは「そういう気持ちで真剣に会ってるから」と話し、「決定的に僕はこの人に出会わなかったら結婚を考えることなかったと思う」と格別の気持ちを表わした。

また、SOLが結婚を決心した後、親友にニュースを伝える場面もリアルに盛り込まれ、感動を伝えた。友人に気軽に話を切り出すことができず、入隊に関する話を続けていたSOLは、「その前に、2月に結婚する」と嬉しい知らせを知らせた。

驚きを隠せなかったSOLの友人は「本当にすごい。SOLだからできることだと思う。簡単に言えば、彼らはお互いに愛している」と伝えた。また「SOLは自分の考えにいつも確信がある」と付け加えた。

実際、SOLは入隊を1ヵ月後に控えた2018年2月、多くの人々の祝賀の中でミン·ヒョリンと結婚した。ドキュメンタリーの後半部、彼らの優しい写真やウェディング映像などが続き、視聴者を喜ばせた。