パク・ハンビョル、夫クラブ・バーニングサン事件後、家族との済州島生活

배우 박한별 / 사진=텐아시아DB

写真=10asiaDB

パク·ハンビョルがソウルの生活を整理し、家族と済州島で過ごしていることが明らかになった。

15日、あるメディアは、「パク・ハンビョルがソウルの家などの周辺を整理し、夫、息子と済州で暮らしている」と伝えた。報道によると、パク・ハンビョルは夫のことで悩んでいたが、済州島に定着した後、ある程度安定を取り戻しているという。

パク·ハンビョルは昨年、夫のユ·インソク氏がクラブ・バーニングサン事件に巻き込まれ、ドラマ「悲しいとき愛する」以降、これといった活動をしていない状態だ。ユ氏はクラブ・バーニングサン関連事件で、業務上横領、売春の斡旋、食品衛生法違反、特定経済犯罪加重処罰などに関する法律違反の疑いなどで、先月から裁判を受けている。先月3日に開かれた公判で、ユ被告の弁護人が「容疑をすべて認める」という趣旨の発言をしたという。

パク·ハンビョルは昨年3月、自身のSNSに「最近、私の夫に関する論争や事件、疑惑などで多くの人に心配をおかけし、本当に申し訳ない。すべての議論に対して私も一緒に責任を感じており、どのような結果が出てもこのすべての試練を私たち家族が正しい道に進むことができるように導く過程だと受け入れ、このドラマを無事に終えた後、私の人生を振り返る時間を持ちながら一人の子供の母親として、一人の妻として恥ずかしくない人生を送るように努力する」と書き込んだことがある。