チュウォン&キム・ヒソン出演、新ドラマ「アリス」韓国で8月28日に初放送

주원 김희선 / 사진 = 화이브라더스코리아, 힌지엔터테인먼트 제공

写真=H.BROTHERSHinge Entertainment

SBSの新金土ドラマ「アリス」の編成が確定した。

SBSの新金土ドラマ「アリス」(脚本:キム·ギュウォン、カン·チョルギュ、キム·ガヨン、演出:ペク·スチャン)が828日金曜日に初放送日を確定し、視聴者を迎える準備をしている。アリスは死んだ母親に似た女性、感情を失った男性の魔法のような時間旅行を描いたヒューマンSFドラマだ。

何よりも「アリス」は人気俳優チュウォンと視聴率クイーンキム·ヒソンの出会いにより大きな話題と期待を集めている。それぞれ多様な作品を通じて爆発的な魅力と話題性、演技力を誇り、シンドロームを巻き起こしてきた二人の演技者を一つの作品で見ることができるというだけでも、予備視聴者たちの期待が高まる。

「アリス」を除隊後初の復帰作に選んだチュウォンは、男性主人公パク·ジンギョムに扮する。パク·ジンギョムは、先天的無感情症を持つ刑事で、タイムトラベルの存在を一番先に気付く人物だ。冷たく見えるが、誰よりも深い悲しみを持ったパク·ジンギョムを、チュウォンは特有の深みのある演技で描き出す。特に、チュウォンはスリルあるアクションまで消化するという。チュウォンの独特なカリスマが爆発するものと期待されている。

ドラマの中の女性主人公キム·ヒソンは、時間旅行の秘密を解明しようとする変わり者の物理学者ユン·テイ、時間旅行の秘密を握る未来の科学者パク·ソニョンの12役を熱演する。キム·ヒソンは似ているようで全く違う2人の人物を、20代から40代まで様々な年齢を超えて描き出す。キム·ヒソンは、今作を通じて主体的で堂々とした女性、心温まる母性愛まで表現し、ドラマの深みを増すものとみられる。

これと共にチュウォン、キム·ヒソンの演技の呼吸も「アリス」の最も重要な視聴ポイントになるだろう。二人の演技者は興味津々に繰り広げられる「アリス」のストーリーの中で多彩な関係に変化し、息詰まるサスペンス、切なさ、ときめくロマンスまで見せてくれる予定だ。一人でいる時はもちろん、二人が会った時によりシナジーが爆発するチュウォンとキム・ヒソンの出会い、彼らが描き出す「アリス」の初放送がすでに楽しみだ。

「アリス」は韓国で828日金曜日の夜10時から放送される。