「彼は私の誇りです」…故SHINee ジョンヒョン「End of a day」オーケストラバージョンで新たに誕生

'하루의 끝 (Orchestra Ver)' 커버 이미지 / 사진제공=SM엔터테인먼트

 

写真=SMエンターテインメント

 

故SHINee ジョンヒョンの「End of a day」がオーケストラバージョンで生まれ変わる。

 

SMエンターテインメントとソウル市立交響楽団のコラボレーションで生まれ変わった「End of a day」がSM「STATION」 を通じて24日午後6時に公開される。

 

オフィシャルビデオもYouTubeやNAVER TV、SMTOWNチャンネルで同時公開される予定であり、高い関心が寄せられている。

 

「End of a day」のオーケストラバージョンは世界的な弦編曲家兼映画音楽監督のパク・イニョンが編曲、ボーカルメロディーを管楽器と弦楽器の美しい旋律で繊細に表現している。前奏ではクロード·ドビュッシーの「月光(Clair de Lune)」をサンプリングして叙情的な雰囲気を一層倍加させた。

 

また、今回のオフィシャルビデオはソウル市交響楽団の副指揮者デヴィッド·イーの指揮に合わせて「End of a day」を演奏するオーケストラ団員たちの姿と日常の様々な背景にある歌詞が調和し、暖かい感性を届ける。

 

「End of a day」のオーケストラバージョンの音源収益金は、原曲の作詞、作曲家の故SHINee ジョンヒョンの遺族が設立した財団法人「輝かしい」に寄付される予定だ。