強力になって戻ってきたカン・ダニエル、カムバックタイトル曲は「Who U Are」

가수 강다니엘의 '마젠타' 하이라이트 메들리 / 사진제공=커텍트엔터테인먼트

写真=KONNECTエンターテインメント

 

歌手カン·ダニエルが夏をさらに熱く燃やすエネルギーとして舞い戻ってくる。

 

カン·ダニエルが24日、2ndミニアルバム「MAGENTA」のハイライトメドレーを公開した。

 

公開された映像には「MAGENTA」のタイトル曲「Who U Are」をはじめとする全6曲のハイライト音源が盛り込まれている。さらに、公開された2枚のコンセプトフォトのほかに、強烈な雰囲気を盛り込んだ未公開カットも掲載している。

 

カン・ダニエルならではの色を探す旅程の足どりが、さわやかなサイオンを通り過ぎ、赤い色を帯びた「MAGENTA」に着いた。太陽のように燃え上がる強烈さから穏やかに包んでくれる淡白さまで、この夏の始まりと終わりを「MAGENTA」にすべて盛り込んだ。

 

タイトル曲「Who U Are」は自ら知ることのできなかった感情を起こしてくれる、熱いエネルギーを果敢な歌詞で表現した曲だ。808ベースドラム、ラテンギター、フルート、シンセサイザーとボーカルの効果が強力な組み合わせをなし、今年の夏を魅了する中毒的なメロディーに仕上げた。プレビューだけでリスナーの耳を一気に捕らえる。

 

最初のトラックで夏の始まりを表現した「Flash」には自分だけの羅針盤を信じて、光に向かって進もうという熱い意志が込められている。続いてSimon DとJamieがフィーチャリングで参加した「Waves」、人気ラッパーのYUMDDAの弾けるラップとカン·ダニエルのラグジュアリーな音色が調和した軽快なレゲエポップ「Runaway」、初めて出会った相手に感じる感情を映画になぞらえて表現した「Movie」、今回のアルバムの最後のトラックでありギターをメインにミニマルに編曲し、夏の終わりを盛り込んだ「夜」など6つの新譜を完成させた。

 

特に今回のアルバムは、明確な音楽的色を持つSimon D、Jamie、YUMDDA、Dvwnがフィーチャリングに参加し、アルバムの多彩な魅力を加えた。さらに、カン·ダニエルはパワフルなパフォーマンスはもちろん、実験的なヒップホップとダンスホール音楽でさらに成長したパフォーマーの姿から、全6トラックのうち5曲に作詞で参加するというアーティスト的な姿まで披露し、新譜に対する期待感をさらに高めている。

 

カン·ダニエルの「MAGENTA」は8月3日午後6時に発売され、これに先立って27日には「Waves」が先公開される。