ユ・アイン&パク・シネ主演映画「#生きている」、9月8日にNetflixを通して全世界に公開

영화 '#살아있다' 포스터 / 사진제공=넷플릭스

写真=Netflix

Netflixがユ·アイン、パク·シネ主演の映画「#生きている」を9月8日から全世界にサービスを開始する。

「#生きている」という原因不明の症状の人たちが攻撃を始め、統制不能に陥った中、データ、Wifi、メール、電話すべてが途切れたまま一人でマンションに孤立した人々の話を描いた生存スリラー。 9月8日からNetflixを通じて全世界に公開され、韓国を除くすべての国ではNetflixブランディングとなりNetflix映画として紹介される。

「#生きている」という新鮮な素材と俳優たちの好演で190万人の観客を魅了し、「コロナウイルス」で沈滞した劇場街に活気を吹き込んだ経緯がある。ある日、目が覚めてみると、家族とも連絡が途絶え、アパートに孤立していることを知ったジュヌ、ドアの外には正体不明の存在でいっぱいで、家の中で過ごすには水と食糧が非常に不足している。 特にデータ、Wi-Fiが途切れて誰とも連絡が取れないという事実にジュヌの絶望が極に達した瞬間、また別の生存者であるユビンが登場し「#生きている」という新たな転換を迎える。 「#生きている」は平凡な人が外部と疎通できるすべての手段が断絶されたまま、最も日常的な空間であるアパートで孤立して生存していく方法を現実的に描いて大きな反響を得た。

「ベテラン」「王の運命 -歴史を変えた八日間-」「バーニング」「国家が破産する日」など時代やジャンルを問わず、キャラクターに一体した演技を見せてくれたユ·アインが生存者ジュヌに扮し、人間的で親しみやすいキャラクターの演技の変身を披露する。ユ·アインは世の中と断絶されたまま、一人残されたジュヌの切迫した感情を現実的に描き出し、キャラクターに躍動感を吹き込んだ。 映画『あの日、兄貴が灯した光』、『沈黙、愛』、ドラマ『ピノキオ』、『ドクターズ~恋する気持ち~』、『アルハンブラ宮殿の思い出』などスクリーンとブラウン管を行き来しながら幅広い人気を集めてきたパク·シネは都心の真ん中で孤立したもう一人の生存者ユビン役で戻ってきた。ジュヌとは違って、緻密ながらも沈着に極限の状況に対処する大胆なキャラクターを自分だけの色で完成した。アメリカのテレビドキュメンタリーシリーズ「スモールビジネスレボリューション」を演出、制作するなど多方面で活躍中のハリウッドシナリオ作家マット·ネイラーの脚本を原作に新人監督チョ·イルヒョンが演出と脚色を担当した。

 

「#生きている」は9月8日からNetflixを通じて世界の視聴者に公開され、31カ国語の字幕と5カ国語の吹き替えサービスが行われる。