YG、新社屋大公開、6000坪規模…2階全体が社内食堂

사진 = YG엔터테인먼트 제공

写真=YG ENTERTAINMENT提供

 

YG ENTERTAINMENTが過去8年間に力を入れてきた新社屋がついに完工し、16日から一部の人材と施設の移転が始まったと23日、明らかにした。

 

ソウル麻浦区合井洞にあるYG新社屋は、前の社屋のすぐ隣にある建物で、敷地3145㎡(約1千坪)に地下5階~地上9階建てで建てられた。室内面積は計6000坪に達する。 既存の社屋に比べて10倍に達する室内面積だ。

 

YGは新社屋建設のため、2012年から4年間、周辺の土地の買い入れを順次行い、2016年に着工してから約4年で新社屋の建物が完成した。

 

YG ENTERTAINMENTは「新社屋建築に対し、すでに建設されたビルを買い入れる方法もあったが、音楽を扱う特殊業種であるため、周辺商圏や住民に騒音被害を与えてはならなかった」と話し、「同時に内部層間·室間騒音まで完璧な遮断が必要で、厚い防音施設のためには必ず高い階高が必要だった」と説明した。

 

続いて「これは建築段階から徹底的に計算しないと非常に難しい」と強調した。

 

この10年間使用してきた従来の社屋は、地上の橋を渡って新社屋と連結される予定だ。

 

사진 = YG엔터테인먼트 제공

写真=YG ENTERTAINMENT提供

 

YG新社屋には、2階建ての大講堂をはじめ、大型ダンス練習室7室、大型録音スタジオ7室、専属作曲家とアーティストのための個人音楽作業室30室が設置された。

 

また、YGの場合、家のご飯のような社内食堂が放送で何度も紹介され有名になったが、数百坪に達する新社屋の地上2階全体を現代式食堂ゾーンにし、地下階には大規模な運動施設と娯楽施設も設置して職員と所属歌手の利便性と福祉にも重点を置いた。

 

YG側は「前の社屋に入居して10年が経ち、その後関連事業分野と人員が大きく増えたため、周辺のいくつかの建物を追加で賃貸して使用してきた。 分散していた組織が年末までに新社屋に集まることになれば、業務の効率性が一層高まるものと期待している」と伝えた。

 

사진 = YG엔터테인먼트 제공

写真=YG ENTERTAINMENT提供

 

YGは社員福祉だけでなく、ファンのための福祉施設も別途設けることにし、注目を集めている。 新社屋のすぐ向かい側にある小さな新築ビルの全階を借りてファンが利用できる休憩スペースと展示·便宜施設などを年末まで造成する計画だ。

 

YGの関係者は、「これまで、社屋前には遠くから来ていた海外ファンの方々が、所属歌手を遠くからでも一目見ようと多く訪れていたが、問題は厳しい冬と蒸し暑い夏にもファンの方々が路上に立っていたため、大変心配していた。 特にトイレのような基本施設の使用には限界があり、申し訳ない気持ちだった」と伝えた。

 

それとともに「新社屋を準備しながらファンの皆さんのための室内空間を必ず設けようと思っていたが、新社屋が一目で見渡せる正面の建物にファンのための空間を設けたことで、今やファンの皆さんが寒さと暑さに苦労することなく室内空間で便宜施設を利用することができてとても嬉しい」と感想を共に伝えた。

 

사진 = YG엔터테인먼트 제공

写真=YG ENTERTAINMENT提供

 

YG ENTERTAINMENTは来年、創立25周年を迎える。これまで数え切れないほどの有名歌手を輩出してきたYGには、現在BIGBANG、BLACKPINK、WINNER、iKON、AKMU、新人グループTREASUREなどが所属しており、数多くの有名俳優が所属している。

 

最後にYG側は「最先端施設が完備された新社屋で新人アーティストを本格的に育成しグローバル市場でK-POPの地位を高めていく一助となる」と伝えた。