「ON:E」防弾少年団 ジミン、「コロナになってコンサートが出来ず悔しかった」と涙

사진 = 빅히트엔터테인먼트 제공

写真=BigHitエンターテインメント

BTSのジミンが涙を流した。

10日午後7時、公式チャンネルを通じてBTSオンラインコンサート「BTSMAP OF THE SOUL ON:E」がライブで放送された。

この日、ジミンはアンコールステージが終わり、「今回のコンサートを準備する前に悔しいことがたくさんあった。コロナ事態になってから、何よりもただメンバー達と楽しく公演したり、皆さんと遊んでこうして幸せを分かちあいたかった」と話し、目頭を赤くした。

続いて「それが自分が一番したいことだったけど、なぜこんなことを経験しなければならないのか分からなかったんだと思う」と話し、「でもアンコールの時、メンバーたちがとても楽しく走り回っていて、それで感情が込み上げてきた。申し訳ない。その時から集中できなかった」と打ち明けた。

ジミンはまた、「それでも皆さんに会えてとても幸せだ。正直、あまり集中できなかったので、準備した分だけお見せできなかったのが残念だ」と話しながらも、「皆さんが画面越しでも、僕たちに希望を送ってくださったみたいです。全部、伝わっています。本当に感謝したい」と涙を流した。

最後にジミンは「僕たちが準備した公演が皆さんにしっかり伝わってほしい。ARMYの皆さん、本当にありがとうございます」と話し、涙を止めることができなかった。

所属事務所BigHitエンターテインメントによると、今回のオンラインコンサートはBTSが今年6月に開催したオンラインコンサートの時より約8倍の制作費がかかった。

4つの大型ステージを用意しており、AR、XRなどの先端技術が適用された。4KやHDの高画質でも鑑賞できる。また、6つの異なるアングルをリアルタイムで選択して鑑賞できる「マルチビューライブストリーミング」サービスも提供される。

今回の公演は当初、オフラインコンサートも並行する予定だったが、新型コロナウイルス感染症拡散防止のため、オンラインストリーミングサービスのみの開催を決定した。