「ナース服で論議」BLACKPINK ジェニー、心境を吐露した後ファンに感謝

/사진=제니 인스타그램

写真=BLACKPINK ジェニーInstagram

BLACKPINKのジェニーが11日に放送されたSBS『人気歌謡』で1位になって以来、BLINK(ファン)に感謝を表現した。ジェニーはこの日、自身のSNSアカウントに「BLINK、応援してくれてありがとう。『The Album』は私たちにとって大きな意味があって、私たちはすべてが幸せだとは限らない。愛してる!(BLINKS, Thank you for the love and support. ‘The Album’ means so much to us and we couldn’t be happier about everything! We love you!」というコメントと共に5枚の写真を掲載した。公開された写真の中のジェニーは舞台衣装を着たまま、おぼろげな目つきをしている。 彼女は髪をぎゅっと結い上げたまま、魅惑的な美貌を見せており、注目を集めた。

/사진=제니 인스타그램

写真=BLACKPINK ジェニーInstagram

ジェニーは10日、SNSを通じてナース服問題に対する心境を吐露し、話題を呼んだ。彼女は「CENSORED(検閲される)」という文字が書かれたズボンをはいて「Yeah we some you can’t manage」と書き込んだ。 これは1stフルアルバム「The Album」の収録曲「Pretty Savage」の歌詞の一部で、「僕たちは君たちが耐えられない子たち」という意味が込められている。

ジェニーは最近のナース服の服装問題に関して、間接的に不快な心境を吐露したようだ。

一方、ジェニーは新曲「Lovesick Girls」で短いスカートと体にぴったりのナース婦コスチュームで議論の中心に立った。人々や一部のナース達は不快感を示し、性的対象化を強く主張した。

これに対しYG ENTERTAINMENTは「特定の意図はなかった」と謝罪しながらも「ミュージックビデオも一つの独立芸術ジャンルとして見てほしい」と釈明した。その後も議論が冷めやらず、結局、該当シーンを削除した。