ENHYPEN、11月末にデビュー…歌謡界を揺るがす、超大型新人が来る

엔하이픈

ENHYPENが11月末にデビューする。
19日、10asiaの取材によると、ENHYPEN(イ・ヒスン、ジェイ、ジェイク、パク・ソンフン、キム・ソヌ、ヤン・ジョンウォン、ニキ)は11月末にデビューを確定した。

ENHYPENはBigHitエンターテインメントとCJ ENMが共同で結成したアイドル育成プログラム「I-LAND」 を通して結成されたグループで、イ・ヒスン、ジェイ、ジェイク、パク・ソンフン、キム・ソヌ、ヤン・ジョンウォン、ニキで構成された7人組ボーイズグループだ。CJ ENMとBigHitの合弁法人であるBELIFT LAB所属だ。

チーム名 ENHYPENは「ハイフン(-)」がお互いに違う単語をつなげて新しい意味を作り出す文章符号のように、連結を通じてお互いを発見して成長するという意味が込められている。音楽を通じて人と人、世界と世界をつなぐという抱負だ。

「I-LAND」は次世代K-POPアーティストを作っていく過程を描いたリアリティ番組で、CJENMのコンテンツ制作力量とバン·シヒョク議長をはじめとするBigHitアーティストプロデュースノウハウの結合として注目された。また、従来の音楽番組では見られなかった独特な世界観に加え、出演者間の様々な形態のコラボと競争過程を描いて世界のファンの注目を集めた。

ENHYPENはデビュー前から異例の記録を達成し、「グローバル人気アイドル」の誕生を知らせた。

ENHYPENの公式ツイッターのフォロワーは116万1000人、公式Instagramのフォロワーは126万人、公式YouTubeの購読者約99万人などを記録し、「K-POPの主流」となった。TikTokは開設から1週間でフォロワーが100万人を突破し、グローバル公式ファンコミュニティ「Weverse」への加入者も300万人を超えて久しい。

正式デビュー前から歴代級のファン層を作ったENHYPENは、BigHit所属のBTS、 TOMORROW X TOGETHERの後を継ぐボーイズグループとして浮上した。

デビューと同時にブームを巻き起こしたBTS、TOMORROW X TOGETHERの後を継ぐ超新人ENHYPENのデビューにグローバルファンの期待が高まっている。