防弾少年団、2020AMA2部門でノミネート…新たな歴史を綴るか

방탄소년단 AMA 후보 올라 /사진=빅히트

写真=BigHitエンターテインメント

防弾少年団が米国の権威ある大衆音楽授賞式「2020アメリカンミュージックアワード(2020 American Music Awards)」で2部門の候補に上がった。

「アメリカンミュージックアワード」は26日(現地時間)、公式ホームページで防弾少年団の「Pop/Rockジャンル FavoriteDuo or Group」と「フェイバリットソーシャルアーティスト」部門のノミネートニュースを伝えた。 「Pop/Rockジャンル FavoriteDuo or Group」の候補には、防弾少年団のほかにグループのジョナスブラザーズ、Maroon5が挙がった。

防弾少年団は2018年の「アメリカンミュージックアワード」で初めて「フェイバリットソーシャルアーティスト」を受賞して以来、今年まで3年連続で当部門にノミネートされた。

「2019アメリカンミュージックアワード」では「フェイバリットソーシャルアーティスト」をはじめ、「Pop/Rockジャンル FavoriteDuo or Group」、「ツアーオブザイヤー」に至るまで候補に挙がった全部門でトロフィーを受け取り、韓国人歌手としては初めて「2年連続受賞」という新記録も打ち立てた。

방탄소년단 /사진=빅히트

写真=BigHitエンターテインメント

今年、3年連続で候補に上がった防弾少年団が再び新しい歴史を綴ることができるのか関心が集まっている。

「2020アメリカンミュージックアワード」は11月22日午後8時(米東部時間)に開催される予定だ。

一方、8月21日に発表されたデジタルシングル「Dynamite」で米国ビルボードホット100チャートで1位を獲得し、全世界にディスコ熱風を巻き起こした防弾少年団は11月20日、全世界同時にニューアルバム「BE(Deluxe Edition)」を発表する。防弾少年団は音楽だけでなく、コンセプトや構成、デザイン、ミュージックビデオに至るまで、今回のニューアルバム制作全般に積極的に参加した。