B.A.P出身ヒムチャン、強制わいせつ裁判中飲酒運転「物議を醸してしまい、申し訳ない」

그룹 B.A.P 출신 힘찬 / 사진=텐아시아DB

写真=10asiaDB

強制わいせつ裁判中に飲酒運転を摘発されたB.A.P出身のヒムチャンが過ちを認めて謝罪した。

ヒムチャンは先月27日、「昨日発生した飲酒事故で社会的物議を起こした点をもう一度深く謝罪し、不適切で恥ずかしい事件で人々に深い失望を与えた点についても深く反省している」と頭を下げた。

彼は「飲酒運転について深く反省しており、今後、必要な調査があれば、誠実に警察の取り調べに応じる予定ですが、 また、今日からは自粛して反省する姿で人生を生きていきたい」と述べた。
.
続いて「いつも応援してくださり、大事にしてくださったファンの皆様に心配とご心配をおかけし、改めて心よりお詫び申し上げる」とファンの皆様に申し訳ない気持ちを伝えた。

ヒムチャンは「飲酒運転は社会的に絶対に行ってはいけない行動であり、この部分に対する責任を免れない行動だ。これに対し、再度、不始末なことで多くの方々にご心配をおかけし、心からお詫び申し上げる」と謝罪した。

ヒムチャンは26日夜11時30分ごろ、江南区島山大路の鶴洞交差点近くで飲酒状態で運転し、ガードレールに衝突する事故を起こした。人命被害はなかった。

当時、ヒムチャンの血中アルコール濃度は免許取り消し水準(0.08%以上)だったという。

ヒムチャンは2018年7月、京畿道(キョンギド)南楊州(ナムヤンジュ)市のペンションで20代女性を強制わいせつした容疑で起訴され、裁判を受けている。ヒムチャンは今月25日、わいせつ行為の疑いのある裁判が行われているにもかかわらず、ニューソロアルバムを発表して議論を呼んだほか、裁判中も飲酒運転事故を起こして非難の対象になった。

以下謝罪文全文です。

こんにちは。ヒムチャンです。

まず、ファンの皆さんに良くない知らせをお伝えすることになり、心よりお詫び申し上げます。

昨日発生した飲酒事故で社会的物議を起こした点についても深くお詫び申し上げ、不適切で恥ずかしい事件で人々に深い失望を与えた点についても深く反省しております。

飲酒運転について深く反省しており、今後必要な調査があれば誠実に警察の取り調べにあたる予定です。 また、今日以降、自粛して反省する姿で生きて行きます。

いつも応援してくださり、大事にしてくださるファンの皆様に改めてご心配とご心配をおかけいたしまして、改めてお詫び申し上げます。また、飲酒運転は社会的に絶対に行ってはならない行動であり、この部分に対する責任を免れない行動です。 これに対し、再度、「好ましくないことで多くの方々にご心配をおかけし、心からお詫び申し上げます。