「結局借金はなかった」…所属事務所が明かしたRAIN父親借金闘争議論の顛末

"결국, 빚 없었다"…소속사가 밝힌 비 부친 빚투 논란 전말

歌手RAINの所属事務所のSublime Artist Agency(SAA)が、RAINの父親に対する借金闘争議論の顛末を明らかにした。

Sublime Artist Agencyは6日、公式報道資料を通じ、「RAINに借金闘争を主張したA容疑者が最近、裁判所から罰金刑を言い渡された」と明らかにした。

所属事務所によると、2018年に歌手Rainに借金闘争を主張したA氏はRainの父親に借金の返済を求める民事訴訟を起こしたが、敗訴した。

Rain側は母親が亡くなった後、この20年間、根拠資料や借用証なしに母親の債務を虚偽主張する人がかなり多く、対応を法律事務所の弁護士に任せてきた。

今回の件も、弁護士とRain側の代表が最初の借金闘争の主張をした相手側に会って状況を把握したが、借用証等の証拠を確認できなかった。これを不審に思ったRainの弁護士は、裁判所の判決を受ける必要があると判断し、法的に対応し、結局、ソウル西部地裁はRainの父親に軍配を上げた。

上記の裁判で、A被告の主張は消滅時効が成立し、法的効力を発揮できず、正確な証拠資料や借用証も提出できなかった。Rain側は、「消滅時効と関係なく、正確な証拠資料や借用証だけ提出すれば、元金と利息まで返済する意思がある」と明らかにしたが、相手側は最後まで借用証、または法的証拠を提出できなかったと、所属事務所側は伝えた。

相手側はこれに控訴したが、訴訟の過程で請求を放棄することで調停がなされ、Rainの母親の濡れ衣を晴らすことができたのである。

所属事務所によると、相手側は恨みを抱いて、2019年12月から2020年1月までの間、約3週間にわたってRainの家を訪れ、大声を上げ暴れ、警察が約10回出動した。ついに最後には、Rainの家のドアを壊して無断侵入し、不法住居侵入財物損壊で裁判所から接近禁止命令と罰金刑を受けた。