AKMU、YGと5年の再契約、「これだけの会社を探すのは大変だ」

AKMU / 사진제공=YG엔터테인먼트

 

写真=YG ENTERTAINMENT

兄妹デュオAKMU(楽童ミュージシャン)のイ·チャンヒョク、イ·スヒョンがYGエンターテインメント(以下YG)と5年の再契約を結んだ。 YGは26日、「2人と7年間の契約期間が終わり、5年の再契約を結んだ」と公式発表した。

AKMUは2012年、SBS「Kポップスター」シーズン2に出演し、悪童ミュージシャンという名で注目を集め、2014年にYGから正式デビューした。

その後、彼らはYGの全面的な信頼と支援を受け、生まれつきの作詞·作曲能力を発揮し、韓国内最強の音源強者となった。 この7年間、数多くのヒット曲を生み出してきたため、彼らの歩みはエンターテイメント業界の話題に浮上し、大きな関心を集めた。

たいてい7年の契約期間が終われば「7年のジンクス」という言葉があるほどチームが解散するか、他の企画事務所に移る場合が日常茶飯事である上、所属事務所との再契約を続ける場合、普通2年程度の短期的な契約で契約期間に対する負担を減らそうとするのが一般的な慣例、AKMUの場合は5年という長期的な再契約を結んだという点が目立つ。

AKMU / 사진제공=YG엔터테인먼트

写真=YG ENTERTAINMENT

 

AKMUのイ·チャンヒョクは、「正直、YGほど所属歌手のことを先に気遣う会社はほとんどない。7年間で一度も小さな摩擦や意見の対立なく、僕たちが前進する方向にしっかりと支援し、若い僕たちをしっかりと導いてくれた会社」だと述べ、YGに対する無限の信頼を示した。

 

特にAKMUのイ·スヒョンは「引退をしない限り、YGを去ることは一度も考えたことがない」と断固とした短い感想で再契約の理由を明らかにした。

 

YG側は「AKMUについてまだ若いメンバーだが、思慮深くとても大人びた面のあるメンバーだ。AKMUの長期再契約のニュースにYGの社員全員が大きな感動を受けたのも事実だ、お互いの信頼関係をもう一度確認しただけに、YGは今後AKMUのためにより多くの支援を惜しまない予定であり、アーティストとして大きく成長できるよう最善を尽くしてサポートしていく」と伝えた。