キム・ヒョナ、現在の健康状態「無理は禁物だけど、歯を食いしばって忍耐中」

현아

キム・ヒョナが現在の健康状態を明らかにした。
キム・ヒョナは28日午後、7thミニアルバム「I’m Not Cool」のオンライン記者懇談会を開き、カムバックを知らせた。キム・ヒョナの新曲発表は「FLOWER SHOWER」以来1年2カ月ぶりだ。

タイトル曲「I’m Not Cool」はムーンバートンリズムの重厚な808ベース、エスニックなシンセラインが引き立つポップダンスのジャンルで、サビに「I’m Not Cool」という歌詞が繰り返され中毒性が強い。ステージの上ではクールに見えるが、「実は私はクールではない」と叫ぶヒョナの本当の話を溶け込ませた。

キム・ヒョナは昨年、「Good Girl」でカムバックを計画したが、血管迷走神経性失神など健康悪化でカムバックを先送りにした。この日、キム・ヒョナは「完全に良くなったと言いたいが、これは難しい。無理をしてはいけないが、ステージに立ちたいからしょうがない。その時その時の状況にうまく対処する方法を学んでいる。周囲の人が気を使って下さり、歯を食いしばって耐えている」と語った。

続いて「『Good Girl』でカムバックできなかった時、自分自身に腹が立った。管理ができなくて、ファンとの約束を守れなかった。ファンとの約束を守るのはステージで見せることだと思う」と強調した。

キム・ヒョナの「I’m Not Cool」全曲の音源は本日(28日)午後6時、各音源サイトで公開された。