シン・ヒョンジュン、子沢山パパに!「妻が第3子妊娠、5月に出産予定」

신현준 아내 셋째 임신 /사진=텐아시아, 인스타그램
写真=10asia, Instagram

俳優シン·ヒョンジュンが子沢山パパになる。

シン·ヒョンジュンの所属事務所HJフィルムは19日、「シン·ヒョンジュンに大きな祝福が訪れた」と話し、シン·ヒョンジュンの妻が第3子を妊娠したと明らかにした。

シン·ヒョンジュンは2013年、音楽専攻の12歳年下の一般人と結婚し、2人の子供がいる。

シン·ヒョンジュンの妻は現在、30週目に入り、5月に出産予定だ。シン·ヒョンジュンはこれで3人の子どもの父親になる。

シン·ヒョンジュンは所属事務所を通じて、「3児の父として良い姿を見せ、より熱心に活動する予定」と話し、「常に多くの愛と応援を送ってくださる方々に深く感謝し、新しい生命が訪れたことを共に祝っていただければありがたい」と伝えた。

これに先立ちシン·ヒョンジュンは自身のInstagramで「大変な時間を過ごした家族に神様はあまりにも大きなプレゼントをくれた」という内容のコメントを掲載した。

彼は「厳しい時期に奇跡のように訪れたプレゼントのような子。 良い知らせを遅れて伝えることになり、父親として胸が痛みます。妻の安産と子どもの健康を祈りたい」と話した。
シン·ヒョンジュンは元マネージャーである某金氏から強行およびプロポフォール不法投薬疑惑の暴露に遭い、大変な時期を過ごした。キム氏は、シン·ヒョンジュンから、「パワハラや不当待遇」疑惑を提起し、シン·ヒョンジュンが2010年、プロポフォールを不法投薬した状況があるとして、これを再捜査してほしいという内容の告発状を提出した。

シン·ヒョンジュン被告はキム被告の主張に対し「悪意的なあら探し」だとし、関連疑惑を一蹴した。昨年11月、シン·ヒョンジュン側は法律代理人を通じ、キム容疑者が提起した疑惑について、「容疑なしで不起訴処分を受けた」と伝えた。
シン·ヒョンジュン氏はこの事件後、放送などの対外活動を自制し、家庭に専念している。