チャン・グンソク「少女時代ファイト!」

チャン・グンソク「少女時代ファイト!」チャン・グンソク「少女時代ファイト」

13日、大邱(テグ)であったドラマ「ラブレイン 愛と野望」の記者会見。チャン・グンソクは、「ラブレイン 愛と野望」で70年代を舞台とした時には美術大学生ソ・インハを、30年後の2012年ではインハの息子のソジュンを演じる。記者会見を終え挨拶した時に、共演する少女時代のユナに気を遣ってか 「少女時代ファイト」と挨拶を残し、笑顔を見せた。チャン・グンソクは記者会見の時にも「ユナさんのファンです。ユナさんのコンディションのために、毎朝車にコーヒーを置いておきます。今、少女時代は日本で『願いを言ってみて』という曲で一生懸命活動しています」と話した。

チャン・グンソク「少女時代ファイト!」ユナ「“ファンをもっと理解する姿を見せなきゃ”と思いました」

「ラブレイン 愛と野望」で70年代は家庭科の大学生キム・ユニを、2012年ではユニの娘のキム・ハナを演じたユナ。記者会見で「撮影現場にたくさんのファンが会いに来てくれました。その時、グンソクさんを見て驚きました。私は会いに来てくれたファンが多すぎて、会話をすることができなかったのですが、グンソクさんは自然にファンのみなさんと会話をしていたんです」「私は今まで恥ずかしがり屋で、会話が上手に出来なかったので、これからはもっとファンと向き合って、理解する姿を見せたいと思いました」と話した。

記者 : キム・ミョンヒョン