KARA ― 全力疾走する少女たち

KARA ― 全力疾走する少女たち

写真=TENASIA

世の中には色んな種類の少女がいる。すらりとした身体と妖艶な表情で、きわどい境界線を楽しむ少女がいるかと思えば、弾けんばかりの若さの象徴になる少女もいる。「Rock your body I say」という歌詞に合わせてぴょんぴょん跳ねたり、「どこでも堂々と歩くこと」と叫びながら歩くKARAは、セクシー路線ではなく天真爛漫さを選んだ少女たちだ。あどけない顔とキュートな衣装、そして愛らしい雰囲気は、切ない歌詞の「Honey」にも明るさを吹き込むほどだ。

「『Rock you』がリリースされてから、まともに休んだのはたったの一週間です」

KARA ― 全力疾走する少女たちセットの人形のようにお揃いの服を着て踊る、あどけなくて可愛い少女たちも、ステージから降りると本来の自分に戻る。笑顔がキュートで何でも聞きたがる末っ子ジヨンは、さらにハツラツとした姿になる。近寄りがたい印象とは違い、気さくで素直なハラは、他のメンバーのインタビューを静かに見守る寡黙な少女に変身する。ステージだけでなく、バラエティ番組でも、突拍子のないことを言うニコルは、早口なのは相変わらずだが、メンバーのいいところを探して褒めてあげる姿から、実年齢以上の大人っぽさがにじみ出る。また、二十歳になったばかりのリーダーのギュリからは“大学では3年生の先輩”と呼ばれるという本人の説明通り、年長者としてのカリスマが伺える。童顔で“小学生”というニックネームで呼ばれるスンヨンは、「メールを送る時でも、文法に注意して顔文字はできるだけ使わない」と言うほど徹底した完璧主義者である。

年齢も性格も違う彼女たちだが、不思議なほどにバランスが取れている。途中から新しいメンバーが入った時は「この世界は辛い思いをすることも多いし、大変だから、傷ついたりしないかな。軽い気持ちで入ったんじゃないかな」と心配したというスンヨン。「芸能人になったら、ご飯もちゃんと食べれないし、大変だという話をよく聞いていたけど、実際はちゃんとご飯は食べているし、辛いことより楽しいことの方が多いです」と楽しげに話す末っ子ジヨン。この二人は血のつながった本当の姉妹のように仲がいい。なぜなら、それぞれの出発点は違っても、同じ目標に向かっているからである。

歌手になるために米国でオーディションを受けたニコルと、光州(クァンジュ)から上京して色々なオーディションを受けたハラはもちろん、CDの販売不振やメンバーの交替で、いつまた活動を再開できるかも分からず、ただひたすら練習に打ち込んだギュリとスンヨンは、今はプライベートな時間もとれない多忙な日々の連続だが、「走れるときに走る」楽しさを満喫したいと話す。特にそれまで一人でオンラインゲーム番組からケーブルテレビのリアリティーショーに至るまで、様々な番組に出演し、活動再開を待ち望んでいたスンヨンとっては、喜びもひとしおだ。

「そんなにハードなスケジュールでもなかったのに、時間のやりくりがうまくできず、学校に行けなかった時期もありました。その時の経験があったから、今のきついスケジュールをこなすことができるのだと思います。『Rock you』がリリースされてから、まともに休んだのはたったの一週間です」

全力を尽くしたその瞬間、少女たちは目覚める

KARA ― 全力疾走する少女たち

写真=TENASIA

そしてステージに復帰したKARAは「Honey」で音楽番組の1位を獲得した。最初は嬉しさのあまりにただ泣いていたが、次からは放送が終わるまで泣くまいと頑張った。「酷い泣き顔をクローズアップした写真がインターネットに出回っていたんです」と、困ったように話すスンヨン。しかしその顔は嬉しそうだ。「“本当に”困ってます」という真剣な顔からは、喜びを隠せない本心が透けて見える。こんな笑顔はステージでしか見られないと思っていたが、そうではなかったようだ。等身大の少女の姿そのもの。それが本来のKARAの姿だろう。

記者 : ユン・ヒソン、写真:チェ・ギウォン、編集:イ・ジヘ