Vol.2 ― 2AM「ガインと付き合う気が全くないと言えばウソになるけど……」

「今大ブレイクしているチョグォンです!」 チョグォンは、MBC「黄金漁場-ラジオスター」で自身をこのように表現した。しかしそれは間違いではない。チョグォン、そして2AMは今大ブレークしている。新曲は音楽チャートであっという間に1位となり、色々なテレビ番組に引っ張りだこの状態だ。「10アジア」とポータルサイトNATEが手がける「スターオン」にも彼らに2000件以上の質問が寄せられた。そんな2AMに今最も聞きたい質問、楽しい質問、そして真剣な質問を投げかけた。

―チャンミンに三つの質問があります(笑) まず一つ目の質問は、高校時代に歌った「Another Day」のような歌を聞いてみると、太い声が魅力だなと感じましたが、なぜそれを変えたのですか? 以前のような声で歌うつもりはないですか?(質問者:TOTO)

チャンミン:今はない。今の声が本当の僕の声だ。その当時はFly to The Skyのファニ先輩のように太い声で歌うR&Bが流行ってたので、そんな風に発声練習をした。だけど、そうやって歌っていると、喉の調子が悪くなって。だから僕の声で発声練習をして今の声に変えた。

「バラエティは僕たち皆楽しくやっているから、大丈夫」

Vol.2 ― 2AM「ガインと付き合う気が全くないと言えばウソになるけど……」

写真=TENASIA

―編集なしで質問そのまま読みます。“グンピルドル(兵役を終えたアイドル)”というから、結構年長者かなと思いましたけど、予想以外に若くて驚きました。 そんなに早く軍隊に入った理由は何ですか?

2AM:ワハハハハハ

ジヌン:“幼くて見えた”じゃなくて“若くて見えた”だって!

チャンミン:母親に行けって言われた。大学1年生の時に軍隊に入ったら車も買ってあげるし、音楽活動も自由にできるからって説得された。僕は歌手になっても軍隊に入ったら音楽を続けるのは無理だと思って、もうちょっと年を取ってから行くつもりだったけど。

―チャンミンはKBS「スターゴールデンベル」で、アイドルなのにちょっと無視されるキャラクターだなって感じがしますが。

チャンミン:いつも無視されてる(笑)

―バラード歌手で、しかもアイドルなのにそんな風にいじられるのは、正直なところどうなんですか。

チャンミン:実を言うと、最初はちょっと……良かったかな。関心を持たれてる証拠だと思ったし、面白い姿をたくさんお見せしたいと思ったから。でも、その後バラード曲を歌う時にファンたちが笑ってさ(笑) それはちょっと大変だったけど、僕がバラエティ番組で見せているイメージは、近所のお兄さんのような感じなので、今はツッコミが入ってくれば僕も返すようにしている。最初はちょっと大変だったけど、今はそんな負担もなく楽しくやっている。

―「ラジオスター」でビートボックスを急にやらされたことがありましたよね。そういう台本にないことをやらされる時って、どんな気持ちですか?

チャンミン:何でもやるようにしている。下手でも頑張って……頑張り過ぎて息切れすることもあるけど。

スロン:バラエティ番組では飾らずにありのままの姿を見せれば、視聴者もそのまま受け入れてくれるみたい。

―そうやってありのままの姿を見せたことで「トゥアGirl(Brown Eyed Girlsの愛称ブアGirlをもじったもの)」がオランダで同性愛動画として紹介されたこともありましたよね(笑)

スロン:それは僕の演技が少し大げさだったせいかも……(笑)

―歌唱力のある歌手として、バラエティ番組の出演が多い今の状況についてどう思いますか?

スロン:僕たちは皆楽しくやっているから大丈夫。そこで多くの人々と話すのも好きだし。

チャンミン:バラエティ番組のおかげで、僕たちの音楽に関心を持ってくださる方もいるから。

―チョグォンはMBC「私たち結婚しました」に出演していますが、ガイン(Brown Eyed Girls)と本当に付き合いたいという気持ちはないですか?(質問者:オムティ)

チョグォン:そんな感情が全くないと言えばウソになるけど。俳優も演技する時は本当に愛している気持ちで演技に臨むっていう話を聞いたことがある。「私たち結婚しました」も同じ。お互いのことを知っていくうちに、不思議な感情も芽生えはじめるんじゃないかな。

―普通、芸能人同士の付き合いはファンも嫌がるのに、チョグォンとガインの場合は付き合ってほしいと積極的に支持するファンも多いですね。(質問者:イム・ヨンギョン)

チョグォン:「付き合うな」「あくまで仕事上の関係」って言う方もいれば、「付き合って」と言う方もいる。そのまま面白く見ていただければと思う。

「スロンの胸は生まれつきのもの」

Vol.2 ― 2AM「ガインと付き合う気が全くないと言えばウソになるけど……」

写真=TENASIA

―チョグォン:「ラジオスター」でチョグォンが「元々は2PMのメンバーになるはずだったが、俺が2AMに入ったことで人気が上がったから、いいかなって思っている」と言った時、他のメンバーの反応はどうたったんですか?(質問者:cutelover)

スロン:その通りだったから、苦しかったけど否定できなかった(笑) 2PMの中でも2AMになるはずだったメンバーがいた。他の事務所の練習生も皆同じで、僕とチョグォンもデビュー前まで他のチームのメンバーだった。8番目に決まったチームが今の2AM。

―チョグォンが修能試験(韓国のセンター試験)を受ける時、チャンミンが弁当を作ってくれたという心温まる話を聞きましたが、ジヌンの場合はどうでしたか。(質問者:キム・ジウン)

ジヌン:母親が作ってくれた。皆忙しかったし……。

チャンミン:ジヌンの場合は、明け方にその日のスケジュールが終わったから行けなかった。でも卒業式は行けたらと思う。

―ジヌンはセーラー服がお似合いだから、大学行っても着てほしいというファンからの要望が多いと聞きました。(質問者:キム・アラン)

ジヌン:アメリカにはそんな制服を着る学校があるらしいから、僕をアメリカに送ってくれれば……

チョグォン:そのまま着て通ったら。セーラー服姿お似合いじゃん。

―2AM単独コンサートを行うとすれば、皆さんどんなステージにしたいですか。(質問者:cohosang)

ジヌン:前のファンミーティングの時、曲を作ってロックを歌ったんだけど、ライブ演奏ではなかったので、サウンドが物足りない気がしたから、コンサートをするときはメンバー全員が演奏しながら歌う、そんなステージをお見せしたい。

チャンミン:僕が一番好きな歌を聞かせてあげたい。個人的にはレイ・チャールズ・ロビンソンからランジドまで幅広いジャンルの音楽が好きだけど、今まではトロット(韓国の演歌)だけ歌ってきたから(笑)

チョグォン:ユニークでカッコいいパフォーマンスをお見せしたい。

スロン:レディーチョグォン?

2AM:ワハハハ

チョグォン:レディー・ガガじゃなくてカッコいいこと。

スロン:僕はパフォーマンスをしたいけど、ダンスじゃなくて、NE-YOのようなスタイルの歌を歌ってみたい。

Vol.2 ― 2AM「ガインと付き合う気が全くないと言えばウソになるけど……」

写真=TENASIA

―グループ活動以外に個人的にやってみたいことはありますか? ファンの中にはスロンの身体にスポットライトを当てた活動とかを望む人もいるみたいですけど。

チョグォン:セクシーグラビア?

ジヌン:イム・スロン セクシーグラビア!

チャンミン:上半身裸で撮ったら、前みたいに女と間違われて……オランダでまた紹介されるかも。

2AM:ワハハハ

スロン:そんな姿にファンも喜んでくれるから、運動も頑張ってる。一人ひとりやりたいことがあるど思うけど、今はまだ2AMでもっと活動しなきゃと思う。

―アルバムがリリースされる前に予告映像でびしょぬれのスロンの姿が公開された後、「スロン兄さん、その美しい胸はどうやって作ったんですか」という問い合わせが殺到しましたよね(笑) (質問者:チョン・タヨン)

チョグォン:運動する前も、大きかった。今は筋肉だから硬くなったけど、運動する前は……

スロン:皆みんなそれぞれ、持ってるものと、持ってないものがあると思う。僕の場合、胸かな(笑) ジムでもインストラクターたちが毎日僕の胸を触ってみたりする。こういう胸を作りたいって。「最も発達している部分をさらに発達させろ」って言われてやってたら自然にこうなっていた。頑張って運動すればいいんじゃないかな。でも生まれつきは仕方ないから、あきらめなきゃいけないところもあるかも(笑)

「一番の勝負所はメガネを外したこと」

Vol.2 ― 2AM「ガインと付き合う気が全くないと言えばウソになるけど……」

写真=TENASIA

―「私たち結婚しました」を見て、スロンの部屋が臭いというのは本当なのかって質問するファンもいますけど。(質問者:ハン・チョロク)

スロン:もう……それは違うんだって! 僕の部屋って臭くないだろう?

ジヌン:兄さんは自分の部屋にいるから分からないんだ。

スロン:違うってば! 本当に臭くないよ! 本当に~

チャンミン:鳥のささみをそのまま放置して腐ったこともあったじゃん(笑)

スロン:僕ってうっかり忘れることが多くて、弁当を片付けるのを忘れただけ。今は本当に臭くないって。

―他のメンバーの部屋はどうですか?

ジヌン:別に……

チョグォン:おい、お前らの部屋も匂うってば。たまにスロン兄さんより酷いときもあるからさ。

―チョグォンは堂々としてますね(笑)

ジヌン:本当に臭くないって。

チョグォン:僕は芳香剤みたいなグッズをいっぱい買って部屋に置いたりする。スロン兄さんの部屋にも二つぐらい置いてあげたりして。クローゼットに除湿剤も入れてあげてる(笑)

―2AMで活動していた中で、一番の勝負所は?(質問者:ssun0010)

チャンミン:メガネを外したこと。裸眼でも2.0なので、メガネは不便。それでも衣装やコンセプトに合わせてつけたり外したりしたけど、似合うからつけてほしいという方もいて、判断が難しかった(笑)

ジヌン:歌を歌って胸を叩くこと(笑) 胸を叩くことは良いけど、ラジオに出演した時に「ステージで必ずやることは、胸を叩くこと」と宣言して以来、やらないと負けたみたいで必ずやるようにしている。

チャンミン:元々胸を叩くコンセプトなんてなかったけど、ミュージックビデオでやってみたら、周りの反応も良くて。それからずっとやってる。

スロン:今考えてみると、「トゥアGirl」はちょっと無茶だったかなって思う(笑)

Vol.2 ― 2AM「ガインと付き合う気が全くないと言えばウソになるけど……」

写真=TENASIA

―「トゥアGirl」を撮ったメンバーの反応は?

スロン:撮影する時は、こんなに反響が出るとは思わなかった。2PMメンバーと一緒に遊ぶ時は、テレビで見せるよりもっと激しく遊ぶし。普段通りやってただけど、それを皆が面白いと思ってくれたんだと思う。

チョグォン:僕は話題になると思ったけど(舌で唇なめて)。これだけやるんだから、話題になって当然だよな?(笑)

チャンミン:その時皆が「これでMnet アジア ミュージックアワードへの出場は間違い無しだよ」って言ってたのを覚えている。

チョグォン:色んな番組でやらされたね。

スロン:まだやらせる番組もあるよ。

―それ以上のパフォーマンスができたら、やらなくて済むと思いますが。

チャンミン:それ以上のパフォーマンスって、今よりずっと無茶をしないといけないってことかな……。

記者 : カン・ミョンソク、チェ・ジウン、写真:チェ・ギウォン、編集:イ・ジヘ、翻訳:ミン・ヘリン